えでゅっけ >びじぼん > 第1回目 非常識な成功法則


第1回目 非常識な成功法則


内容



買った理由

どっかの書評でのインパクト



読む前に期待したもの

単純にビジネススキルを補完できるような知識が得られればいいかと。ぱらっとめくって目次と内容も知らないことが、いくつかありそうという直感で買ってしまった。


キーワード

本のタイトル、章の見出しがそのままキーワードとなっている。自分で作ってもそれほど違いはないかなぁ。ということでなしの方向で。


キーテーマ

普通言わないダーク感の漂う成功法則



読後感

成功とはなんだろう?お金?自由?おそらく一般的に考えられるのはビジネスで成功することだと思う。
そんなビジネスや人生で成功するための一般的な法則が書かれている。

タイトルにあるとおり1冊を通じて 8つの習慣を説明している。

個人的に3つに分けると
第1部が精神面。潜在意識に関することとでもいうのかな。
第2部が現実面、情報獲得方法としてフォトリーディング、セールスについて
第3部が精神面からの現実面影響。精神面との付き合い方で、現実面に影響するという点。お金との付き合い方、決断方法、成功するときの心構え。


タイトルだけ見ると、確かに今まで同じような内容で、どこかで読んだことある本と一緒だなと思うところもあるけど、
実際は若干違う。他には書いていないようなキーポイントが結構見られた。今一歩抜け出せない。実行しているけど進みきれない。そういう人に向いている本だと思う。
「思考は現実化する」ほど抽象的ではなくわかりやすい内容だった。

序章
成功へのパスは悪で稼いでから
潜在意識の振り子を制御するのは、お金と心の問題を切り分ける。

第1の習慣
やりたいこと、やりたくないこと、ミッションを紙に書く!なぜ大事かって理由も書いてあるよ
脳の処理と引き出し

第2の習慣
夢ややりたいことの書き方と実現のスピードアップ化のコツ









第3の習慣
セルフイメージ。自分を大事にする。
[1分間自己革命の概要みたいな話]

第4の習慣
情報の取得のツール。フォトリーディングとオーディオテープ。
理由は最初と次の章に続く形で最後に書かれてる。
[あなたもいままでの10倍速く本が読める]

第5の習慣
セールスのコツ
[売り込まなくても売れる]


第6の習慣
お金が集まってくるくせ。3つの法則
(また「マルサの女」のエピソードが出たー)



第7の習慣
決断できないわけと、決断する前にしておくこと

第8の習慣
成功のダークサイド♪
[成功者の告白]




自分が得られたもの

なりたい自分、やりたいことを書く上での注意点(第1章)。
脳のアンテナ機能の理論的説明(医学的には正しいか分からないけど)(第1章)。
決断方法(第7章)


お勧めポイント

勉強したり行動しているのに、今一歩サラリーマンを抜け出したいのに抜けられないそんな人向け。

作者への印象

相変わらず、やたら悪の部分にアンテナをたてるなぁーっていうのが印象。それがいいかどうかは別として、情報があるっていう点ではいいと思う。

本の中で紹介されている書籍・URLなど

「ビジネスの成功」と「人生の成功」神田昌典のサクセス ...

その他の書評

ビーケーワン
セブン アンド ワイ


読了日:2007年2月
作成日:2007年2月18日
更新日:2007年4月30日