やぼったい開発 > ウォータフォールモデルによる開発手法の基礎 > 結合試験(IT)

結合試験(IT)

目的

BD工程の基本的な機能が正しく動くかを確認する。 (試験工程概要のページ参照)

特徴

最終試験に近く、納入先お客様の受入試験にも類似してくる。 場合によっては、業務観点の試験や、業務(BD)レベルの通し試験やサイクル試験、意地悪試験として行う。

  • 業務に関する基本機能単位の試験を行う(図中の青矢印の部分)。
    • 例によって、機能の中の試験はしない。
      • 前工程で機能が正しく動いていることを証明しているはずなので。
    • BD書からテスト項目を作成する。
    • 業務としてのアウトプット(ファイル出力、DB書き換え等)を試験する。
    • 単純に、呼び出すだけの試験になるため、テスト項目自体は多くない。

環境について

  • 本番でしかできないこと以外は、本番と同じように環境を設定しテストを行う。
  • 環境を整理する事が大変なので、試験環境について意識が必要な工程。
  • 組み込み系ならば ハードと、ネットワーク系ならば各サーバと連携する必要がある(しかも本物)。
  • 他チームとの連携もからみ、スケジューリングが厳しくなる。

少し話の趣旨と違うが重要な点を補足すると
最近セキュリティの観点の重要性が高まっている。原因は個人情報の流出である。特に最終試験の時には、実際のデータはまず使わないこと。意識の低い人がいた場合はリスクを必ず共有してなるべく断ることがとても大事!!

自分も含め、会社やお客様をリスクから守りましょう。

結合(IT)試験概念図

類似コンテンツ

機能設計とは

単体試験と機能試験の違い

ウォータフォールモデルではテストファーストは当たり前?

JUnitの役割はどこまで? 試験工程内で 単体テストのできることとできないこと

試験項目作成のコツ

よくある試験作成ミス(アンチパターン)



前 機能試験(FT) へ < 結合試験(IT) >> 次 試験工程(補足) へ

BD工程 (yahoo検索)