やぼったい開発 > ウォータフォールモデルによる開発手法の基礎 > ウォータフォールモデル

ウォータフォールモデル

--

上工程から下工程まで順番に一連の流れで開発を行う手法。
この章では、ウォータフォールモデルを通じて説明していきます。 その時に開発用語の差異があるためココで簡単に触れます。

ウォータフォールモデル概念図
ウォータフォールモデル概念図

特徴

基本的に上から下に流れるように設計から試験を行います。

ウォータフォールモデルだってもちろん後戻りをします。正確に言うと不具合が発見されて設計が間違ってるのであれば、そこに関連した部分だけ設計からやり直し、最終的に本体にマージします。仕様変更が起きたときも適切な工程に戻って行います。

また、前の工程が終わらないと 次の工程にすすめないわけではないです。そうしないと効率が悪かったり、意味のない作業や、やり直し作業が増えるため、基本的に各工程できっちりとやるべき事をしてから次の工程に進みます。そうすることで管理をしやすくしプロジェクトをコントロール可能にします。

上工程と下工程

ウォータフォールモデルはV字モデルと呼ばれ以下のようなイメージとなっている。
ウォータフォール(V字)モデル概念図

  • 設計工程を上工程といいCDまで(図 左側)を指す。
  • 試験工程を下工程といいUTから(図 右側)を指す。


試験工程概要で、説明しますが、この図試験担保のイメージに重要なのです。

ウォータフォールモデルの各工程内容

工程略語 英名 和名
SA Service 要求仕様書
BD Basic Design 基本設計 (システム機能・業務機能・外部機能設計などとも言う)
FD Function Design 機能設計 (内部機能とも言う)
DD Detail Design 詳細設計
PD Program Design プログラム設計
CD Coding Design 製造
UT Unit Test 単体試験
FT Function Test 機能試験
IT Integration Test 結合試験(システム試験・外部機能試験ともいう)

表・ウォータフォールモデルの各工程

※分析は 各設計機能に含ませる。用語や範囲は各現場によってブレるので、周囲の人と範囲や分担等をすりあわせておくこと。

ココのあたりの用語は PMBOK(プロジェクトマネジメント) や ITILなどで定義されているので、一応ITILベースなどと話はできるが、お客様にその内容を理解している人がいる可能性は低い。(わからないから専門家に任せているんだけれどもね)


用語

機能に関する粒度をここでは以下のように対応させる。
つまり 業務 > 機能 > 関数

業務 BD工程 要件機能 or システム機能 or 外部機能
機能 FD工程
関数 CD工程 モジュールなど

類似リンク


他の開発手法(スクラム、アジャイル、エクストリーム)

テストファーストはウォータフォールモデルでも行える





NEXT > 上工程:設計工程のポイント

ウォーターフォール検索(yahoo)

PMBOK検索(yahoo)

ITIL検索(yahoo)