一番上の入り口へ > excel >あまり知られていないカード型入力、フォームを便利に使ってみるまで(Excel使いこなし編)

あまり知られていないカード型入力、フォームを便利に使ってみるまで(Excel使いこなし編)

ページ内目次

・↓カード型データ入力フォーム
・↓↓コントロールフォーム

カード型データ入力フォーム

入力規則以外にも便利に入力できる方法が Excel には用意されています。
今回紹介するフォームを使用すれば、 マウスを使わずに次々とデータを入力できます。はためには できる人に見えるかも!?


フォーム(カード型入力フォームと勝手に命名)

フォームを使うとダイアログの中でレコード単位で入力していけます。
そのため、レコード単位を把握しやすく、またマウスを使用しなくてもデータを次々に入れられるので便利です。


使い方

まず次のように見出しのみ作っておきます。




表の中の適当なセルをクリックし、フォームを選びます。


office 2003: データ→ フォーム
office 2007: 標準では存在しないので Excelのオプションダイアログを開いて
        →ユーザ設定 → リボンにないコマンド → フォーム を選んで 追加し OKを押します。
        →アクセスツールバーに表示されるようになるので、そこをクリックしてください。

Excel 2007以降のオプションの出し方は
ウインドウ左上の 丸いoffice マークをクリックして出した、そのメニューの中にあります。

アクセスツールバーは
ウインドウタイトルが書かれている、ウインドウの最上段です。
既存の設定では保存やり直しボタンがあると思います。


以下のダイアログがフォームです。

フォーマットはexcelが自動的に対応し、図の左側が 製品名、A市、B市、、、と 上記の表に合っているデータフォームになっています。
あとは、製品名から順々に入れて使っていけます。項目の移動は TABでできます。
入力が終わって、新しいレコードにに移動するときは新規ボタンを押してください(これもTABで連続的に操作できます)。





Y製品の 2番目のレコードまで入力した場合例
フォームに値を入力していくだけで、このように(↓下図)excelが自動的にセルにも値を入れていってくれます。
また次や前のデータにも簡単に移動できます!





あわせてこれも!!
前を検索、次を検索 で前のレコード、次のレコードに移動できますが
検索条件を押すと、一気に対象レコードへ移動することができます。

例えば、検索条件の後 製品名に 液晶と入れ検索すると 次に液晶が出るレコードまで移動できます。

フォームの右上を見れば今何レコードかわかります(例 2/2)。



−−− ちょっと休憩。。。

コントロールフォーム

データの入力を、コントロールフォームから制御し入力する方法です。

せっかくのoffice 製品なのでコントロールを使わないともったいないです。
コントロールフォームとは スピンボックス、ラジオボタン、スクロールバーなどGUIでおなじみの部品です。
コントロールフォームを設置することによって、入力しやすくなったり、入力を制限したり、
入力して欲しいデータパターンの意図をデータ入力者に伝えることができます。


使い方(スピンボックスの例)

さっそく具体例で見てみましょう。


毎月、ボーナス時に いくら溜めると年間どのくらい貯まるかを計算しているエクセルです。
年間2回のボーナスでとりあえず設定しています。


月の部分にスピンボックスをつけてみます。
開発 → コントロール → 挿入 → スピンボックスを選び
月の右に配置します。



次にそれを右クリックしてコントロールの書式設定を選びます。



対象のセルと関連づけるため リンクするセルに月の値のあるセル(この場合 D9)を指定します。
増減も 1000単位にしました。最大値はもっと多くて良いと思います。
わかりやすくするため少し離して設置してますが、ぴっちり小さく設置しても問題ありません。


この後スピンボックスの選択を解除してから、
上をクリックするたびに値が増減することを確認してください。

補足

同じようにスクロールバー、ラジオボタンなども設置できます。

・スクロールバーは形以外はほぼスピンボックスと同じ設定です。
・チェックボックスの場合 値が true or falseになります。
・ラジオボタンの場合グループで囲むとグループ化ができます。


TPOにあわせて使いやすい方法を
時間と相談しながら柔軟に設定しましょう〜。

あわせてこれも!!
消すときはコントロールフォームを操作しないようにしないといけないので
まず、右クリックで選択状態にしてから DELキーで消してください。

類似リンク

セルの色を変えてくれる便利な条件付き書式!(Excel機能使いこなし編)

知っていると効率アップなソート、フィルタ、グループ機能の基本的な使い方は?

今まさに合計したいときベストな関数とやり方はこれ!活用図例付き (Excel関数使いこなし編)

宴会の出欠確認表を作成!(レッツトライExcel)

カレンダーを作成!(座席表,時間割,名刺・・・) (レッツトライExcel)


ページトップへ↑

一番上の入り口へ > excel >あまり知られていないカード型入力、フォームを便利に使ってみるまで(Excel使いこなし編)