一番上の入り口へ > excel > ちょいわざ > マクロを使わずに重複行をサクッと削除するちょいわざ

マクロを使わずに重複行をサクッと削除するちょいわざ

&同じ行がないか調べるちょいわざ

意外とよく 重複行を見つけ出す必要になることがあります。
だけどデータは多くて、見づらくて頭がクラクラする事がよくありますし、ケアレスミスも心配です。
そういう時は コンピュータに任せてしまいましょう。

キーポイント

やり方は簡単で 同じものが無いかを探します。 もし重複していたら、すぐわかります。

使用するのは countif関数と フィルタ機能です。

実例

まずこんな表があったとします。



右側のG列に同じものがないか探せるように、 countif関数で同列に同じ値のセルが何個あるか表示しておきます。



フィルタを掛けて、2または2以上として1以外を指定すると重複しているものだけ表示されるので、 いらない方である、例えば下側を削除して、フィルタを解除すれば出来上がりです。


※単純に重複行を探したい時も同じ手順が使えます。


・この例は完全一致ですが、=COUNTIF(B:B,"*"&B4&"*")のようにすれば部分一致が可能です。
・複数の列を対象としたい場合、更に列を追加して、 &で値を結合したセルを作りそこを B4の代わりの対象とすれば、実質複数のセルを対象にしたことと同じになります。
例えば H列に =B4&C4&D4&E4 と書いておき B:Bの代わりにそのH:Hを countifの第1引数に指定して同様に作るイメージです。

補足:excel 2007/2010

重複行に対応する機能が増えました。



類似リンク

リストの過不足をチェック!(レッツトライExcel)




その他のちょいわざはこちら