一番上の入り口へ > excel > ちょいわざ > C列にあるそれぞれの単語が対象シートのセルのどこにあるか調べるちょいわざ

C列にあるそれぞれの単語が対象シートのセルのどこにあるか調べるちょいわざ


シート内のどこにあるか調べるときは

シート内のどこにあるかを調べるときは lookup関数ではなく match関数をよく使っています。
lookup関数がよく雑誌などで説明されていましたが、ソートされていないと 使いづらいので 数値の時以外はほとんど使えません(数値が曖昧の時は lookup関数のほうが使いやすいのかも)。


使い方

=match(対象文字列,範囲,0)
match関数の詳細はこちら

この関数だけでは、範囲内の何番目かしかわからないため、index関数(範囲,何行目,何列目の値を返却する関数)と組み合わせることが多いです。その使用例も 同じくこちらから

使い方

データを整理して、シート内にどこにあるか調べるときに使用出来ます。 自分で業務で使う用語集を Excelに書いておいて何行目にあるか調べたり、 ID/PWをExcelで整理しておいて、キーワードの行がどこにあるか調べたり、 データのリストの差分で過不足を確認するときなどに使えるかもしれません。
検索のほうが早いかも。。。

実際の使用例はこちら

類似リンク

参照先の値を柔軟に取得したい

マクロを使わずに重複行をサクッと削除するちょいわざ

お手製出席確認アンケートを作る/ゴルフのスコア表

商品コード検索表を作る

リストの過不足をチェック!





その他のちょいわざはこちら