一番上の入り口へ > excel > ちょいわざ > 例えば土曜・日曜日のセルだけ自動で赤や青色を付けるちょいわざ

例えば土曜・日曜日のセルだけ自動で赤や青色を付けるちょいわざ

--
よくスケジュールを引くときに、土日だけ灰色にしたいときなどがあります。

手動でひとつひとつセルに背景色を付けるのは大変ですので、条件付き書式で自動的に色をつけるちょいわざを紹介します。


考え方

→の横軸に日付を並べ、↓縦に項目を並べる状態を意識します。

一番上に日付を書き、一番上のセルが土曜であれば色をつけるというように 一番上の日付(曜日)にセルの背景色を条件付き書式で連動させます。

やり方

まず範囲を選んで、その範囲を条件付き書式に設定します。

weekday関数を使えば 土曜(=7)日曜(=1)が 数字で判定できます。
また、参照元は右(A〜ZZ側)にずれるようにして、下(数字側)にずれないB$3のような指定の仕方をします。


=AND(WEEKDAY(B$3)=1)





  1. セル範囲:対象の表全体を左上から右下を選択
  2. 設定ダイアログ表示:条件付き書式を選ぶために、ホーム→条件付き書式を選択
  3. ダイアログ設定:どのパターンの時にどういう書式にするかを指定するために、まずパターンとして数式で上記のweekday関数を設定し、書式として日曜をイメージしたオレンジ色を指定します。


ほぼ同様の操作で土曜日も背景色青で設定します。
=AND(WEEKDAY(B$3)=7)

weekday関数と、色の指定以外は同じ操作です。





このようにすれば、縦に全て反映された状態になります。
※前述の画像例では2行だけですが、実際には表全体を選択して操作を行います。



ポイントは、条件付き書式を反映するときには左上からほぼ表全体を選択し、参照先には左上(B$3)を意識した設定をします。
また、条件付き書式をとしては、B列では赤枠□部分全体の条件付き書式の参照先が、 3行目の緑枠□を赤矢印のように参照しています。それがC列、D列・・・以降同様に設定されています。



参考:日の表示の仕方(3行目)曜日の表示の仕方(4行目)名前の使い方(祝日)

もうちょっとレベルアップ

excel2003以前だと条件付き書 式が3つしか無いため、条件を節約したいと思います。

1つの条件パターンに (土曜のケース、日曜のケース、祝日のケースの3パターン)に反応させます。


祝日も合わせたいときは 1行目に専用の 祝日もチェックする数式を作って あとはその行を書式のパターン=AND(B$1=".")として 条件付き書式で青枠部分を参照指定すれば、同じように設定可能です。



休みの日(土曜、日曜、祝日)の場合
1行目の青枠:=IF(OR(WEEKDAY(B3)=1,WEEKDAY(B3)=7,COUNTIF(祝日,B3)),".","")
条件付き書式:=AND(B$1=".")

excelに文字通り「祝日」という名前を入れられます。excelではエリア範囲に左上のテキストボックスから名前を設定できます。 詳しくは excelの名前の設定を参照してください。

また当日の星マーク(★)の例を載せています。
今日の場合:条件付き書式ではないけど
=IF(TODAY()=B3,"★","")

その他の応用例

・今日の日付行/列だけ色をつける(today関数)。
・特定のキーワードのある行だけ色をつける(search関数)


類似リンク

セルの色を変えてくれる便利な条件付き書式!

かっこ良く定量的に状態を2次元マップで表示させるちょいわざ

進捗度をテキストで少しかっこ良く定量的に表示するちょいわざ



その他のちょいわざはこちら

参考動画

セルの色を変えてくれる便利な条件付き書式!
動画の後半