Adamのアプリ導入と日本語入力(simeji)

アプリのインストールは 簡単です。


(1)PCでapk ファイルをダウンロード。
野良アプリで検索すると何とか見つかる。
(2)PC でmicroSDカードにコピーし、adamに挿入
(3) Sniffer で apkを実行(インストール)

アンインストールは settingのアプリケーション設定 のアプリケーションの管理からできます。
起動しっぱなしのアプリも同じく実行中のサービスから停止できます。



(2) をUSBで実行するときは
USB to mini USB ケーブル(PSPとかでも使える)を接続して、adam 画面上部にある黒い帯の通知領域を引き下ろすと
USBストレージの表示が出ます。それをONにすれば windows (vista)から直接保存できます。 通知領域がないときは、充電アイコンをタップ(ちょい難しい)をすれば出てくるハズ。
その時のフォルダは
/mnt/sdcardの配下です。


(1)でPCではなく adam上で直接ダウンロードも出来ると思いますが、検索が面倒なのでPCでやっています。


その他のIME
OpenWnn plus : simejiは重いがこちらは軽い。
nikoWnn, nicoWnnG、openWnn, iWnn,ATOK、POBOX touchなどあるらしい。


補足
要するに
(a)Input Method の設定は  設定の「言語とキーボード」からON/OFF を行い、各IME特有のPreference(カスタマイズ)する。
(b)テキストフィールド(入力箇所)の長押しで IMEの切り替えを行う(短押しは普通の入力)。
(c)ソフトキーボードの切り替えボタン(あA1)で文字種切り替え、長押しで 各IME特有のPreference(カスタマイズ)へのメニューも表示される。

※ Notion Inputのソフトキーボードは結構かっこいいと思う。
simejiの場合(shimejiじゃないよ)

(1)作者のサイトからダウンロードします(4.2をインストールした)。
(2)上のようにインストールしたあと ホーム画面で shimejiを開きます。
(3)文字入力設定から、siimejiを ONにしておきます。気になる設定があったら simeji設定でいじっておきます。
(4)どこかてきとうにテキストボックスを長押しすると InputMethodを聞いてくるので、 simejiをON設定します。
(5)キーボードに きのこ?のようなアイコンが出るようになったらうまくいっていると思います。

これで google検索やメールで日本語ができるようになりました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://edutainment-fun.com/mt/mt-tb.cgi/5

コメントする

Powered by Movable Type 5.03