えでゅっけ > 楽しく学べる 英語学習法 > 熟語編〜文法勉強法
英単語勉強法 英文法勉強法 リーディング リスニング スピーキング 発音勉強法

文法勉強法 〜 grammar 〜

熟語編

英語の考え方を短縮する方法ですが、英語圏の人の言いたいことやよく出てくる使い回しを理解しておくことは重要です。

ただ、私は結果的にこれは遠回りだったということを強く感じますので、英熟語の勉強はそれほどしないほうが良いかもしれません。

日本の熟語参考書は英語の本質の理解から遠ざかり表面的な理解になりがち

失敗したと感じたデメリットは、英語での言いたいこと本質水に表面的・機会的に訳す癖がついてしまったこと。英語はSVという形が重要なのですが too to構文や as long as 構文など ほとんどの受験生は語彙の塊をご認識してしまう可能性が強いこと。前置詞を理解せず暗記するのは苦労が多いことなどです。

勉強するとしても、少なくとも構文 SVを軸にした文の骨格で熟語の構造をしてください。

自分が受験の頃は文法がこの図のようになっていましたが、 最近は 構文や熟語を含めた全体を文法という単語で一括りにしているようです。

なので、下の図はちょっと意味合いが変わって来ました。。。

熟語

いわゆる 英熟語ターゲットなど 単語帳と双対をなす分野です。

これも、基本文型や文法と重なるものがあります。

基本文型の方が熟語より土台的な物なので、先に文型をマスターするようにします。



一方なぜ、文法より先にやるかというと覚える量を少なくするためです。



前置詞などの使い方は日本語などにない物なので、ある程度は覚えるしかないですが、熟語といわれているものはよく出る型であるため、土台となる芯ができます。

基本的な物は仕方なく覚えて、文法の時に、文型・熟語で覚えたものから体系的に肉付けしていきます。(右図:文法の関係/土台が構文で幹となる芯が熟語、枝と葉っぱが文法で、語法は葉のつくりです。)



なので先ほどの章の「基本文型」とこの「熟語」である程度決まり切った型を覚えておくと、基本的な文法勘がつき次の文法の勉強の時に理解しやすくなります。



また、より大きなかたまりで理解できるので、リーディングにおいても読むスピードがあがります。


※ちなみに、なれてくると、前置詞、語源、接頭辞などから本質的に熟語を理解できるようになってきます。なので覚えるのが苦手な人(数学を理解して覚えていくタイプの人)は最初から 前置詞の本質を学んでいく方法も”あり”かもしれません。

お薦めのテキストは?



これは、英熟語系しか売られているのは見つかってないですね。それでも、できるだけ自分にあった例文がしっかりしてイメージしやすい物を選んでください。

似たような文がよく出てくる物や無味乾燥な例文が多い物は基本的に長続きする点と幹にするという目的に関してNGです。

また、「単語も熟語も文法も」という本はあまりお薦めしません。

なぜなら、単語帳系ならページ数などで学習量がそのまま視覚的に把握できますが、1石2鳥のような本は、どのカテゴリが、どの程度身に付いているか実感できないためです。

またそのような本を作成する側からいえば、必要な単語が必要なレベルで組み込まれた文章を見つけるのは、困難だと思います。

つまり、レベル的にも体系的にも 効果的にうまくまとめることは無理に近いと思います。

ただし 大学受験も終わった社会人は

熟語の内容は、それほど難しくなく以下の情報を先に知っておけば、類推できます。

  • 文法のイメージ
  • 前置詞のイメージ
  • 語源のイメージ
  • 言葉のイメージ
熟語をやらずに、こちらでイメージを構築したほうが良いと思います。

最近 上記のイメージがわかるようになると、例えばas や to ,haveなどに関する熟語を覚える必要がほとんど無いかなと思っています。ただ自動詞の時の前置詞の組み合わせや、日常表現は慣れの部分は残ります。それでもかなり直感でわかるようになるので、一度見れば理解できるため、暗記量は激減します。

おすすめの本

文法のイメージ

こちらや こちらで紹介している本など、4,5冊を読むと英語の表現が豊かに肉付きがよくなっていいかと思います。高校生ぐらいの語彙力1500辺の人が読むとちょうどレベルでしょうか。

これで英語のネイティブの考え方が理解できます。

前置詞のイメージ


on や to や for 、 atなどのイメージを掴むために理解します。
前置詞と単語、文法のイメージが理解できるようになると、ホント熟語が必要なくなります。むしろニュアンスなど間違っていることが多いこと(間違って日本人が覚えてしまいがち)に驚かされます。

大学受験前ぐらいの語彙力2000辺の人が読むとちょうどレベルでしょうか。

語源のイメージ


こちらの好みの本をで学ぶと良いです。 大体語幹を400〜500抑えておくと良くて、それ以上覚えても関連語が2,3語になってしまいあまり効果がないようです。

語源の初歩は大学受験前ぐらいの語彙力3000辺の人でもいいかもしれませんが、語源を活用できるのは、6000語以上、10,000語あたりの人が読むと向上しやすいと思います。


かなりのボリュームですが、しっかりした内容で語源についても新たな見識が身につくと有名です。
8000語以上、10,000語あたりの語彙力はあるべきだと思います。以降恐らくそのレベルが必要でしょう。

少し難しく古いですが、英語を使いこなすためによく使われる海外で有名な本です。

言葉のイメージ

英語と日本語は違うものです。あくまで伝えたいことを言葉で表現しているのです。 そのため、日本語と英語は1対1ではありません。



その他、英語のニュアンスを英英辞典がおすすめです。
感覚的に英和辞典からシフトするタイミングとして、英語の得意な人は高1で落ち着いてきたあたりからシフトしていったほうが良いと思います。

Webでは LongmanOxford Advanced Learner's Dictionary Cambridge DictionaryMerriam-Webster Online

またはこちらの辞書が有名な本です。


3つの文法カテゴリでのポイント

それでは、文法のカテゴリを3つにわけ、順に説明します。


















英単語勉強法 英文法勉強法 リーディング リスニング スピーキング 発音勉強法