えでゅっけ > 楽しく学べる 英語学習法 > 単語勉強法
英単語勉強法 英文法勉強法 リーディング リスニング スピーキング 発音勉強法

単語勉強法 〜 words 〜

image : created by sheelamohan






単語勉強法index

単語勉強は不要?
単語帳による勉強の弊害
どこで単語力身につけていく?
それでも単語を覚えておきたい人のために

単語勉強法 レベルマップ

ボキャブラリーレベル TOEIC タイミング 解説
〜1,500語 〜500点 中学・高校授業レベル 教科書等で、出てくる単語を覚えていき、覚えにくいものをmy単語帳で整理していく。
余裕があったら、自分なりに思いつく関連語や類義語を調べ結びつけて覚えておくと、頭が良くなってくる感じがして楽しいです。こういういわゆる寄り道は後になってジャブのように効いてきます。
〜2,000 〜600 文法や・精読が終わったあたりでのリーディング勉強 この時も余り単語帳のやり方は授業でのものと変わりません。
〜3,000 〜700 大学入試直前 受験する目標校(ターゲット)に合わせて単語をピックアップして、7回から10回ほどmy単語帳回転させて覚えておけば十分です。
〜6,000 〜800 ひと通り多読なり、リーディングなりわかるようになったら そのままでは新しい単語が出てこなくなってくる(非効率になってくる)ので、単語帳で増強していきます。
〜10,000 〜900 ある程度学び、5,6000語当たりに来て、だいぶ核となる単語を覚えてきたら 語源やイメージ・ニュアンスをメインに覚えていきます。できれば英語の歴史、ヨーロッパ系の世界史やキリスト教などを学ぶと、英語に対する洞察が深くなり、奥行きがつくので良いと思います。英英辞典が使い始められるレベルです。
〜12,000〜24,000 〜950〜 語源等をひと通り学んだら 単語帳や、自分の専門(翻訳、news、研究、授業)にあわせて語彙を増やしていきます。多読や my単語帳を活用していくのがお勧めですが、実践的に読んで行ったりしていると、必然的に学んでいきますので肩肘張る必要はないかもしれません。

関連リンク

必要な語彙数はどれくらい?

イメージによる英語の理解や語源によるボキャブラリーアップにおすすめな本

関連リンク その2

あなたの英単語力を極限までアップさせるサイトのまとめ - 英語初心者から上級者まで: えい速
英単語勉強法 英文法勉強法 リーディング リスニング スピーキング 発音勉強法


つぎ 文法