楽しく学べる 英語学習法 > コラム一覧 > 右脳も使ってイメージで学ぶ

右脳も使ってイメージで学ぶ

image : created by graur razvan ionut

イメージ力って大事ですよね。

今回はイメージ力をつけるという話ではなく(イメージ力は普段の勉強や仕事の中でつけてもらって)、ここでは、イメージを利用して英語をスムーズに身に着け、なおかつネイティブが理解しているようなニュアンスも手に入れちゃいましょうという提案です。

イメージできてれば、本質的なおかしさに気付けてネイティブの人と一緒にユーモアを楽しむことができますよ。

最近の脳トレや右脳を鍛える話もイメージ力ってことですよね。

イメージってわかりやすい

わかりやすさ

例えば、道を教えているときも知っている土地ならわかりやすいけれども、知らない土地であると覚えきれなかったり、理解できなかったりしませんか?わかりやすい時ってイメージをうまく使えてるときなんです。言葉を話す時も同じで、単純に言葉を発しているのではなく、イメージや概念を言葉として発して相手とコミュニケーションをとってるんです。

押し並べて、頭のいい人や、コミュニケーション能力が高い人はイメージの能力が高いです。


応用

自分は、覚えるより、理解するタイプで、常になんで?と思うたちだから、すすめているのかもしれませんが、やはり根本・本質を抑えて理解しておくと応用が利きます。暗記だとちょっと違うあらわれ方した時、知っているのに反応できなかったってことがよくあります。


省エネ

今までもっている日本語脳を利用して構築していけば、英語脳を一から構築せずにすみますし、文化の違いはあるかもしれませんが、赤は熱いとか、病気がちになると顔が青くなるなど、人間的に同じような印象を受けてたり、イメージを持っているはずです。実際イメージで理解していると、意外と共通イメージを持っているんだなぁと感じられます。また覚える量も格段に減りますし、イメージはお勧めですよ。



その他、語源を整理したり、英英辞典でニュアンスを把握しておくこともお勧めします。


おすすめ解説もの

eBook

メルマガ
『イメージ力』でもっと使える英文法
今回のコンセプトに近い方法で解説されてます。1回のボリュームもちょうどよく、HTMLのメルマガですがイラストもかわいいです。
http://www.mag2.com/m/0000217867.html

イメージもの

ダジャレ英語ドットコム
強引なこじづけだじゃれで覚えていきます。イラストもたくさん公開されているので覚えづらい単語があった場合利用してはどうでしょうか?

英語イラスト広場
アニメーション gifによりイメージで英単語や熟語を紹介しているサイトです。絵も柔らかめで、良い雰囲気です。

<PR>


お勧め本

初歩的な単語のイメージを解説してくれています。だれがイラストを描いたんだろうとか関係ないことが気になりますが。
この本も基本コンセプトは同じです。文法寄りの話になってます。翻訳本ですが、著者の二人 大西 泰斗さんと ポール マクベイさんはイメージを大事にしているらしく、中身は表紙ほど硬くなく、イメージがコンセプトになっているだけに、イラストも豊富です。
シリーズものです。単語や文法をテーマにした本もあります。
(これらを全部買うと内容的にダブルので、ある程度内容を抑えて買い分けた方がいいと思います)
文法をイメージとして理解を手助けるために良い本だと思います(自分も購入して、英語を勉強している親にプレゼントしました)。カバー範囲としては物足りないですが、中学3年分の英語を身につける本みたいな物をする前にはいいかと思います。
イメージとして理解を手助けるために良い本だと思います(自分も購入済み)。自分の理解を助けてくれる物や再認識してくれる物もあったり、新しい発見もありました。
左記の本の第2弾です。イメージとして理解を手助けるためにこちらも良い本だと思います(自分も購入済み)。作者の経歴をチェックしてみてもいいかもしれません。
こちらは読解レベルの話です。文章構造をイメージして、視覚化するトレーニングに役立つ本です。初心者向けと中級者向けもあります。


最近はイメージ系の本もたくさん出てきたので、書店で探してみるのもいいかと思います。

関連コンテンツ

イメージによる英語の理解や語源によるボキャブラリーアップにおすすめな本

文法勉強法について

リーディング勉強法について



shahi

単語を関連付けて表示してくれる。ユニークなサイト
shahi紹介ページが参考になります。


<<楽しく学べる 英語学習法