【クリエーター向け】オープンライセンス使い分けまとめ


ものを作ることが好きなクリエーターにとって、うまく利用したり参考にすることはとても重要です。

社会の発展には、以前の財産を活用して発展していくことが大事です。それと同時に作ってくれた人への敬意も同じく大事だと思います。

そのバランスをとるために、ただしくライセンスを理解して、活用していいものを作っていきたいですね。

まとめ

いずれも、作者に責任を求めることは禁止(無保証・自己責任の原則)されています。
著作権表示を不要とするようなライセンスはなく、そういうケースは別途独自に設定する必要があります。

GPLは自由であるのではなく、自由に使えるということだけで逆にそれが強制にもなっています。ただApacheのようなライセンスをすると、その改善内容が外に出てこなくなり発展が遅れることが予想されます。

以下のBSD,MIT,Apacheのライセンスはかなり似ています。

 

使用許可内容
(使用許諾)
配布制限補足
著作権切れパブリックドメインと言われる。ただし著作権が定義されるもやその定義は各国で違いがある。
CC0なしいかなる権利も保有しない
(著作権放棄のためののラインセンス)

CC

 

MITゆるい複製、改変、配布可能
商用OK
著作権・ライセンス表記必須

MIT License [日本語]
修正BSDゆるい複製、改変、配布可能
商用OK
著作権・ライセンス表記必須
販促に著作者名等の使用禁止
The BSD 2-Clause License [日本語]

この修正版は再配布のときに原著作者の著作権表示と条項の掲示は必要ない
GPL V3きつい複製、改変、配布可能
商用OK
特許の利用許可
著作権・ライセンス表記必須
自由に利用する(GPL)の制限は禁止
再配布時のソースの開示必須

gnu
再配布の条件を決めることができる

ライセンスができた経緯にあるように、コピーレフトを強制する

そのためGPLを組み込み・配布する場合(サーバとして社内で使うなどは関係ない)、ソースも開示が必要になり商用で使いづらい

動的リンクであろうが、GPLは伝播する。

wordpressはプラグインも GPLである(組み込み部品)と言ってます。
MySQL(商用とのデュアルライセンス)はJDBC で使うと、GPL部分となります。

LGPLややゆるい複製、改変、配布可能
商用OK
特許の利用許可
著作権・ライセンス表記必須
自由に利用する(GPL)の制限は禁止
再配布時のソース公開
は必須

GPLでは、ライブラリとして使う時も組み込みと思われるところをはっきりさせた(動的リンクの場合、LGPLライセンスは伝播・強制しない)。LGPL部分は先の通り公開し著作表示する


gnu

ライブラリでも、ひとつの独立したソースファイルの場合、ライセンスを伝播させたくない時は Mozilla Public Licenseを使います。

Apache V2ゆるい複製、改変、配布可能
商用OK
特許の利用許可
著作権表記必須
変更点を記載

ライセンス

V2から全ファイルへのライセンス表示は必要なく、リファレンスのみでよく GPLv3と互換性がある。

二次配布物は Apacheライセンスにするべきとの制限はない。

参考

いまさら人に聞けないGPLの基礎 (2/2) - ITmedia エンタープライズ

 

 

Delicious にシェア
Digg にシェア
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

83 views.



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です