【Salesforce】アプリってなに?【メモ】


はじめに

クラウドが話題になって久しいですが、salesfoceってなに売ってるの?CRMって何か?

もわっとしていたので、調べてみました。でもすぐ見つからなかったです。

最近分かってきたので、それをメモっておきます。

アプリってなに

アプリが作れるといってますが、アプリがどれくらいのものを作れるのかイマイチピンときません。Unity や Game Maker や BASIC 波に何でもできるとは思えませんし、メモ帳ではないと思います。サービスに特化していたら色々作れません。

CRMがヒントになる?

CRMに強いというヒントがありました。CRMはおそらく大きなお客さんに対してだと思います。お客さんの状況や契約ステータス(売掛等)、連絡先や対応車等の情報を共有するのだと思います。

小売であれば、セブンイレブンのような単品管理でしょう。Tカードのようなイメージであれば、どちらかというと分析基盤 Tableu か SAP HANA当たりの話になるかと思います。

小売マーケティングについてはこちらが面白かったです。参考になるかもしれません。

わからない。

自由にカスタマイズできるってどういうこと?

ずーともやもやしてました。

買うわけではないので時間を取らせてしまうような、資料請求もはばかれますし、

他にもアプリを作れるサービスがありました。しかも日本で。

そこで、何かヒントはないか
kintoneなど(サイボウズさん) の できることを見ていたら、わかってきました。

RDB!

RDBです。インタフェース部分をUIで用意した、社内システムで、RDBのような形でデータを保存、読み込みができるようです。それぞれのデータのラベルは自由に変えられます。

施設管理ですとか、会議予約なども、RDBで管理して、ある程度オートマチックにやっているようです。

仕組み

単純に テーブルを用意するのはできないので、テーブルを固定する必要があります。

今度テーブルを固定すると、柔軟性がなくなるので、2つ考えられます。

  • 一定量のテーブルのカラムを用意しておく
  • 柔軟性を考慮して、別テーブルに種別と実データを入れられるようにしておく

後者だと、柔軟ですが性能の悪化が激しくなると予想されるので、前者を採用していると思います。

権限や会社を管理するテーブルと連動は必要です。
DBごとわけてるのか、仕組みで分けているのか。

調べてみると、見つかりました。わかってくると検索に引っかかるようになるのは何なんでしょうね。

予想よりもかなり、思い切ったテーブル構造でした。500個も用意しているとは!自分がみみっちかったかもしれません。テキストや数字、日付等のプロパティ管理方法も大体想像通りです。

セールスフォースのアーキテクチャ(マルチテナントデータベース編)~ Flex Schemaとオプティマイザ - Publickey

https://www.publickey1.jp/blog/10/_flex_schema.html

kintoneの文書管理や施設管理のアプリも多分基本は同じでしょう。ただDBはお客さんごとに分けているそうです。URLは失念。。。

今となってはクラウドでDocker , Kubernateなど使って、自動的に立ち上げることができるかもしれませんね。

まとめ

クラウド/SaaSでいうアプリとはRDBのようにデータを業務に合わせて出し引きできるクラウドサービスです。

さいごに

最近サーバレスという単語が流行っていますが、サーバレスじゃないですよね。。。あれもどうにかならないのかな。

Delicious にシェア
Digg にシェア
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

6 views.



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です