3Dアニメーションと2Dアニメーションソフト【メモ】


3Dアニメーション

Blenderはフリーで、何でもできるようになってますが、ちょっと操作体系が整理されていないまま、発展されてきました。でもそれほど使いづらくはなかったですね。ただ影響関係が見えないし、操作方法も覚えにくいので、そこは一般のデザイナーにはすんなりとは受け入れられないかも。

iClone は、いろいろ揃って、何でもできそうですが人気はないのかな? コメントしている人も少ないです。

blender

blender

iclone

iclone

2Dアニメーション

ChromeやらIEやらで、Flashは下火になってますが、いろいろいじってみても、やはり FlashのあとバージョンのAnimate CCが作りやすそうです。

ただ、たまに使うには高いん(2180円/月)ですよね。

やっぱりHTMLでやりたいし、GoogleのGoogle Web Designerはちょっとしたトランジション以外は作りづらいですね

Synfig Studio は全く使い方がわかりませんでした。情報もないです。アニメーション作り慣れている人はわかるのかもしれませんね。

その他、Spine があるそうです。

Animate CC

Animate CC

Animate CC

Google Web Designer

Synfig Studio

Synfig Studio

Spine

Spine


CrazyTalk Animator もいろいろ出来て使いやすそうです。慣れている人にはまだUIが直感的でないようですが。

CrazyTalk Animator

CrazyTalk Animator

 

3Dエンジン


Unreal Engineや Unity - Game Engineなど 3Dエンジンも、いろいろ使いやすくなってきたようなので、チェックしたいです。スマホや各開発ツールにも普通に取り入れられています。

Unreal Engine

Unreal Engine

Unity

Unity


WebGLの技術を使った threejsもこれから注目です。でも使いこなせる人はあまりいないでしょう。ゲーム業界の人は使いこなせると思いますが、そういう人はこちらの方面に来ないと思うし。
http://threejs.org/

three.js

--

end.
Delicious にシェア
Digg にシェア
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
email this
Pocket




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です