【作業効率化】メール本文からスケジュール登録をワンクリックで行うマクロ[outlook]【おすすめ】

ファイル名: -
©digitalart

©digitalart

メールからスケジュールを頑張って登録してみるoutlookマクロ

会議の打ち合わせメールを受信した時に手動で
一々日付、時間、場所、議題、内容をコピペするのは面倒くさい!!

そんな時!!


このマクロは、ボタンひとつでメール内にあるテキストで、
一番上にあるスケジュールらしきものを、そこそこ気を使って登録してくれる機能です。

余計な頭を使わずに済むので、何か他のことを考え中でもアイデアを忘れないまま
スケジュールの登録作業が簡単にできます。
スケジュール作ると今考えてたものや、やろうとしていたことが頭から消えることがよくありますよね。。。
ぼけてるとは言わないでください。。

本当に本当におすすめ!!

結構個人的にお気に入りの機能で
会社でもよく使っています。

このマクロがあれば、楽すぎます。
手放せません。

逆にこれがないと面倒だし
今やっている作業の重要なことを忘れてしまいます。

だからおすすめですよ!

機能

メール本文からワンクリックでスケジュール登録するための機能。

ほぼ自動です!


メールが来た→スケジュールあるな→ぽちっとな(※)→0.1秒でスケジュール登録完了
※ボタンにマクロを登録している場合

使い方

対象のメールを選択中にマクロを実行するだけ。
マクロは日付や議題っぽいフォーマットを見つけ、
過不足情報などを考慮し少し気を使って
Outlookのスケジュール帳に登録します。 

※セレクションによる指定機能はありません。今選択しているメールに対して動作します。

抽出可能なサンプルフォーマット

◇例1
議題:○○○を△△といい感じにする検討
場所:本社 8F C会議室
時間:6/1(金) 13:00~14:00

◇例2
【開催日】:2011年1月14日 8時30分
【アジェンダ】:○○○を△△で実現する調整
【場  所】:未定

◇例3
日 付:5月14日 8:30~  AAAの打ち合わせ@本社
  ・・・@はマクロで認識させてないです。

議題はアジェンダや目的でも良いですし、ない場合やメール件名から取得します。終了時間がなくても一応取ってこれます。

このマクロでは最後はOutlookにスケジュール登録していますが、その処理の部分を置き換えて例えばテキストとして他の機能を起動させられたりすれば他のスケジュールソフトと連携できるかもしれません。

デメリットやケースによりけりな機能

クリップボードが使えないため、最初の一つ目のスケジュールを選んでしまいます。
議題など明確な単語を優先しているので、ぜんぜん違うところからコピペされる可能性があります。
重要そうな単語のフォーマットを優先しています。件名等はなければメール件名を利用したり、終了時間もなければ開始時間を指定しています。

その他注意点等

2010 Exchangeサーバ上でも試しています(メールはローカルでも可能)。
その他ローカル環境でどこまでうまくいくかチェックしていません。

初回設定

Outlook の開発タブの Visual Basic Editor にコピペします。
セキュリティレベルをマクロ実行可能レベルにしておきます。
あとは、outlookのアプリケーションや、メールウインドウなど個別のクイックツールアクセスバーに登録しておくと、更に便利です。私はこのマクロで設定し、アイコンをスケジュールぽいものに変更しています(2010以降の場合)
15分前アラームなど好きに設定してください。

マクロ登録方法はこちら

実行時はマクロを実行するだけ。Subとついている選択メールのスケジュール登録() を呼ぶ。私はさらに、ボタンにマクロを登録し、メール受信の個別ウィンドウやメール全体を表示しているビュー両方でボタンがすぐ押せる状態にしています。

 ソース

github上

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg
Share on reddit
Share on LinkedIn
Bookmark this on @nifty clip
LINEで送る
email this
Pocket




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です