【無料】無料・格安でエクセルなどオフィス製品を試す方法

ファイル名: -

オフィス製品は、使いたいけれど 高いです。

たまにしか使わないユーザは、なかなかお家で使う分の費用が出しにくい。

そんな時!

無料で使える オープンソースプロジェクトがあるので
そちらでも試すことは可能です。

そういうときの判断ポイントと製品を紹介します。

Excel(エクセル)とは
あなたが買うべきマイクロソフト製のオフィス製品のタイプ診断

判断ポイント

  • ちゃんと動くか
  • 安いか
  • 互換性があるか

無料

Apache Open Office

2015年時点では、開発が大きく遅れていて、 MSの Officeとの差が大きい。

ひと世代前の オフィス感がある。
IBMのサイドバーは  Mac製品のようにプロパティにダイレクトに
アクセスできて使いやすいかもしれない。
(例えば、文字の大きさやフォントの変更など)

Office の インターフェースとの差もかなり大きい。

Libre Office

MSの Officeと インタフェースも フォーマットも互換性はまあまあある。

プロマネをしている自分からすると、初歩的なバグが多い。

かなりずさんな開発管理に見えた。

Excelの大きいファイルだからかもしれないが、
LibreOffice自体自分でフォーマットバグを埋め込み
形式バグが良く発生し、一度中身がロストした。

イマイチお勧めしにくい。

Google ドキュメント

オンライン(Web)上で使える。

独自のインタフェースもあるが、安定性もそこそこある。

ただWebインタフェースなので、ページが切り替わったりしやすく
イマイチ使いづらいのは否めない。

Macや android ,iPhone , iPad等でも使用可能。

MS Office オンライン

オンライン(Web)上で使える。

安定性もそこそこある。
よくWebでここまで再現したなと思う。

ただWebインタフェースなので、
計算の反映も遅い。

回線速度も影響してくる。

スマホでも、出先でも
無料でいじれるのはやはりありがたい。

またページが切り替わったりしやすく
こちらもイマイチ使いづらいのは否めない。

Macや android ,iPhone , iPad等でも使用可能。

有料

WPS OFFICE / KINGS SOFT



ワード、表計算(スプレッドシート)、プレゼンソフトがほしければまずまずの選択かもしれない。

また、どの電気ショップでも売っているくらいそこそこメジャーで開発歴も長い。
かなり頻繁にアップデートされ、 MS Officeとの互換性も高い。

VBAの動作などを売りにしている。

値段はクリップアートなどもついて
セットで 6000円を切るくらいなので安い。
(今は完全につかなくなったオフィス製品のクリップアートは
    実はビジネス用途で使ってはいけないらしい)

どうしても  今年売り出された Office が出てから開発するため多少機能のラグが出る。

それほど自分では使っていないので、あまり言えないが、
多少 MS製 Officeにくらべ 使い勝手が悪い様だ。

噂では互換性もばっちりという人もいれば、ワードでは互換性が足りないという人が多い。

一太郎

日本ではそこそこ根強い人気もある。

ATOKの変換精度も、メリット/デメリットが大きい。
辞書教科ばかりしていて、そこでうまく変換されているように見えているが、
UIを研究したこともある自分から見ると、あまり変換機能については改善が見られない。

苫米地氏も開発に参加したこともある。

高機能版(スーパープレミアム)を購入すれば、
一太郎(ワープロ)、ATOK、花子(グラフィックソフト)、辞書、SHURIKEN(メーラ)
フォトレタッチソフト、プレゼンソフトがついてくる。

2011創や ATOKを何度か購入したことがあるが
マーケティングやセールスも弱く値段が高い。

日本の会社なので是非とも頑張っていただきたい気持ちはやっぱりある。

まとめ

サラリーマンであれば、やはりほかの人との互換性を考えると
結果的に時間を浪費せず、手間がかからない MS製が良いかもしれない。


プライベートで使う分には  OpenOffice でも Libreでも 十分だと思う。

関連ページリンク

Excel(エクセル)とは

あなたが買うべきマイクロソフト製のオフィス製品のタイプ診断

 

Delicious にシェア
Digg にシェア
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
email this
Pocket




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です