Excelで初心者にあまり知られていないよく使う有効なショートカット・ベスト12

ファイル名: -

 

日ごろからExcelを使っている中で、
このショートカットキー便利なのに使われていないなぁーと思うものを紹介します。

編集

繰り返し


直前の操作を繰り返せる機能です。

F4は直前の作業を繰り返すときに使えます。
[使用例]
・事前にあるセルをコピーして、ペーストしておく。 F4を押す度に「ペースト」が繰り返される。
・事前にあるセルの書式を設定しておく。他のセルに移動しF4を押すと 同じ書式設定がされる (選択範囲にも適応可能です)。

ただ セル編集時にF4を押しても、絶対/相対参照($f4のような)の切り替えになってしまいます。


自分も慣れるまで  繰り返しってどういう意味?
と思ってわからなかったのですが
セルの装飾の時や 図形の背景や枠線の設定など
右クリックからダイアログをださないですむのですごく便利で快速です。

合計(sum)


左となりや上隣にある 矩形の範囲のセルの合計関数(sum)を入力してくれる機能です。
入力すると そのセルに =sum(範囲) と自動で範囲も推測してくれます。


Alt + = キー   (つまり Alt  と Shift と  マイナスキー)

 

セルの挿入

結構頻繁にセルの挿入をすると思うのですが、
右クリックだと2,3テンポ余計に時間がかかります。

このショートカットキーを入れると、直ちに行挿入ができて便利です。

Ctrl + +  (つまり Ctrl と シフトと セミコロン ;)

普段は1セルの挿入だけですが
もし、行を挿入したいときは、
ひだり端の 灰色の数字部分をクリックして選択してから
上記ショートカットを入力すると、行挿入にもなります。
(または   半角英数モードで  Shift + SPACEで行選択できます)

ちなみに、
削除は   Ctrl  + - なので覚えやすいですね。
(自分は手の形で何となく理解しているので、
  対応関係を良く忘れてしまいますが)

時刻挿入


よく日付や時間を入力することはあると思いますが、
数字を入れるのは相当慣れている人でも面倒です。

そんな時
Ctrl + ; ころん      ・・・  日付
Ctrl + : せみころん    ・・・ 時間

を押すと2015/12/12  とか 12:30  など  現在の日時が入力できます。
便利でしょ?

装飾


太字にしたいときや斜体にしたいときは  
Ctrl + B   ・・・太字の切り替え
Ctrl + I    ・・・斜体の切り替え

セルを選択しているときはセル全体に
セルの中を編集しているときは選択範囲を
切り替えます。

Office 全般、 Word / PowerPointでも使えます。
これも便利ですね。

まとめて入力&コピペ


セルに同じ値を埋めるとき
コピーさえも省略したい時の技です。

Ctrl + D    or  Ctrl + R  


範囲選択中:  一番上の値を残りの選択範囲にコピー
1セル:         真上のセルを  コピー

※Rの場合は 左から右にコピーします。

R は Right 、  D は  Down と覚えておけば
覚えやすいです。

ちなみに  複数の個所を選択して
連続した一連の選択であろうととびとびだろうと
一つのセルに入力した後、
確定時に  Enterではなく、 Ctrl + Enter
 全選択セルに同じ値を入れられます。

 

削除

unixなどをいじる人も良く使うと思いますが

Ctrl + D でセルの中を消すことができます。

エクスプローラーでもファイル削除に使うので
使い慣れている人は多いかもしれません。

excelでもセルの中身を消すときに使えます。

カーソル技と組み合わせてよく使うショートカットです。

セルの編集モードに移行

たくさん編集するときやコピー内容をセルの中に書きたいとき、
ダブルクリックするのは結構おっくうです。

そんなときは  F2キーを押すと、
セルの中の編集モードに移行します。

これも本当によく使います。

ちなみに
Shift + F2キーだと例の黄色いコメント編集モードになります。

 

シート

シートの挿入

新規シートの挿入はたまにあると思います。
その時のショートカットは

Shift + F11 です。

右クリックや新規作成からやると数秒時間を存しますが
このショートカットキーになれれば、作業を中断せずにシートを追加できます。

さっそく S+F11 連打!

シートの移動

シート間で作業するとき、意外とイライラするシートの移動
参照したり、何度もコピペしたりするのは面倒です。

そんなとき作業を軽減してくれるショートカットは

Ctrl + PageUp/PageDown

このキーを押すと、前後のシートに素早く移れます。


ネックはノートPCだと  Fnキーを押さないといけないことが多いことです。


たまにしか使いませんが、
使うときは何度も連続して使うのでそういうときには便利です。

ちなみに  シート一覧を出すときはExcelアプリケーションの左下あたり(シート名のひだりはし)を
クリックします。

たくさんのシートがあるときや
長いシート名が一杯あるときに最初や最後に移動するのが楽になります。

表の選択一発技


フィルターをかけるとき、  ソートするとき、 ピボットするとき、
枠線を描くとき

表全体を選択するケースはよくあると思います。

そんな時実は 一発で選択できる方法があるんです!

私は相当感動しました。これ。

表の中のどこか適当な場所で

Ctrl + * (つまり Ctrl と Shift と ころん:)


キレイな矩形で、文字が入力されていれば
その中のどこにカーソルを置いていてもほぼ正確に全体を選択してくれます。

多少の右や下のずれであれば   Shift +  カーソルキー  で微修正できます。

便利でしょ?

 

カーソル

カーソルを素早く移動するときに便利なショートカットです。

表の切れ目に移動したいときによく重宝します。

Ctrl  + カーソルキーです。

このキーを押すと、端までひとっとびです。


細かい動作を言うと
今カーソルのセルが空だと、このショートカットキーでは 空のセルを飛ばすように
文字のあるセルまで移動します。

逆に今のカーソルのセルに表の中のように何かあるとき、
Ctrl + ↓  をおすと
表の一番下まで飛びます。


ちなみに このとき さらに Shift を押すと  選択範囲として
カーソルを押す前と押した後の範囲が選ばれるので
ごっそり消したいとき、や連番を入れるときなど便利です。
(つまり  表の左上から  このショートカットキーで下に移って右に移ると表全体が選択できます)

一行や一列ごとに選択範囲を変えたいのであれば
 Ctrl を押さずに  Shift + カーソルキーで  選択範囲が増減します。

これも便利でよく使います。

 

終わりに


まずは、気に入ったショートカット一つ
早速トライ!

関連ページリンク

横長のコピーしているテキストを程よく改行貼付けしてくれるexcelマクロ

作業効率】excelでもメールでもwebでもシンプルにテキストのみ貼り付ける うざくないexcelマクロ

【Excel】複数候補をリストアップするちょい技【時短動画付き】

4桁の数字を変換する方法【ちょい技】~Excel

【無駄をなくす効率技】excelの新規作成でシートをひとつにするちょいわざ

差額がある場合セルに色をつける ちょい技【Excel】

 

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg
Share on reddit
Share on LinkedIn
Bookmark this on @nifty clip
LINEで送る
email this
Pocket




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です