【Excel】マクロざっくり設定方法【マクロ】


 

事前準備:PCごとに1回だけ

1.セキュリティ設定

ツールをクリックして、次にマクロ、そしてセキュリティ

程度似あわせてください。まだ良くわからない(動かし方がわからない or セキュリティ設定問題か切り分けできない)のであれば、一時的ににあわせ、動くのを確認したらレベルを上げて確認しておいてください。

登録:マクロごとに1回

1.アプリケーションのメニューから、ツールか開発をクリックして、次にマクロ、そしてVisualBasic Editorでマクロ編集画面が開きます。

(Alt+F11でも開きます)

2.左のエクスプローラのツリーのような部分から、標準モジュールの  Module1 等を開いてそこにマクロコードをコピペし、保存。

これだけです。マクロコードを編集したいのであればこの画面で修正します。

このマクロファイルは大抵、以下の様なフォルダにあります。

「C:\ユーザー\(アカウント名)\AppDate\Roaming\Microsoft\Excel\XLSTART」

 

マクロ録音による登録方法と動画:参照

実行時

アプリケーションのメニューから、開発>マクロ>(フォームが出る)>好きなマクロを選択>実行で実行できます。

登録すれば、この画面で編集するコードに移動することもできます。

メニューの側のボタンに登録すれば、もう少し簡単に設定できます。ボタンに登録は普通のカスタマイズ方法と同じで、保存ボタンと同じようにマクロボタンがあります。そこに対象のマクロを選んでボタンに結びつければ、以後そのボタンを押して実行できます。

注意点

・マクロを作ったら保存する必要があります。
・いろいろなブックで使用する場合、標準のファイル(ユーザのファイル)に保存する必要があります。
・セキュリティが高い場合、マクロ操作ができないことがあります。安全なマクロであれば設定を低くして使用が可能です(自己責任でお願いします)。
・マクロは undo機能が利かないようです。テストするときは 作業中のブックなどはすべて保存してから試すことをおすすめします。

 

Delicious にシェア
Digg にシェア
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

1,954 views.



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です