実はGradle/manifestではなく、AndroidManagerで直接設定できること5つ


 

よく Gradle やmanifest.xml を修正してくださいという記述をよく見かけますが、Eclipseの名残ですかね?

設定ファイルの構造が、書いていない/理解できていないと  Gradleの修正もちょっとむずかしいですが
Android Manager からの設定からだと、そういう曖昧さも排除できるので、安心です。

できること

Propertiesタブから

・dex  ・・・ Multi Dex など

 Flavorsタブから

・Version Code(数値), Version Name(文字列)    ・・・署名付きアプリをアップするときに更新する値です(manifest.xmlを修正しても反映されない)。
・Application ID     ・・・      com.hogehoge.myappli みたいなもの
・minSDK  ・・・androidの最低推奨バージョンを設定するところ(manifest.xmlを修正しても反映されない)

dependencies タブから

・+ボタンからライブラリの追加    ・・・  課金や SMSなどgmsの各ライブラリ、その他広告のadMobで利用するものなど

 

 icon-hand-o-down その他にもこんな設定ができます。

build Type タブから

・build タイプ ・・・ debug /release 設定

 

やり方

Android ManagerのメニューのFileから
Project Structure  -> (左列のModulesの中) app からできます。

 

Delicious にシェア
Digg にシェア
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
email this
Pocket




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です