【kindle】タブレットへE-Book(txt/pdf/mobi/word)を送信する方法手順メモ【Humble/Gmail】


対象

Humble Bundle(デジタルコンテンツ購入を通じての寄付サイト)のユースケース手順をもとに、送信方法を考えます

amazonのSend-to-Kindle の機能を使います。つまりメールで amazonに送信します

背景

※Gmailで送る方法は知っていたのですが、humbleでまとめて送る方法がわかりにくかったので、ページを作りました(制約や事前準備)。そのついでに一般的な手順をまとめてます。

環境

G-mailから送ろうと考えましたが、後述のように、humbleサイトからまとめて送るようにしました。humbleにまとめて送る機能がイマイチですが、あります。今回はそれを使います。

※humbleではなく、個別に自分で直接送る(Gmailでpdf/word/txtを送るとかの)方法もほぼ同様の手順です。

実際は、windows10 + Firefox64などでやっています。

  • 対象端末(sony 10inchのandroidタブレット)
    +    kindleアプリ
  • amazonの自分のアカウントページ
    (windows10PCブラウザから)
  • メール送信 サーバ or クライアント
    (Gmailとか、自分のメールクライアントとか。
    今回はhumbleサイトから)
  • ブラウザ
    (PCのFireFox)

補足:Send-to-Kindleについて

Send-to-Kindle はメールで pdf, word形式のファイル(本)を送ると、kindleに登録され読めるようになるサービスです。

どの対象端末のメアドを指定しても、 ストレージは 各自の amazon cloud領域を使います。

対象端末(iPhoneやタブレット、PCなど)ごとにメアドの頭の部分をユーザは自由に設定でき、このサービスで送ると、その端末まで連携してくれます。

この手順(メール送信)を踏むとkindleの書庫?に登録されているので、他の端末やPCのkindleアプリで 追加手順なく 、 購入したkindle本と同じようにアプリにリストアップされています。なのでkindleアプリ内で DLすれば 読むことができます。

手順

制約・前提条件

  • Send-to-Kindle 最大 受信サイズ         50MB
  • Gmail                      最大添付送信サイズ 25MB
  • Outlook.com (Web,free)        〃            10MB
    ・・・ Office365などは違うかも

humbleサイトからまとめてではなく、個別で送る場合、
もしサイズ的にGmailで送るのはあきらめた時は、他のメアドやメールサーバで送るか、Send-to-Kindle をあきらめUSBかwifi経由で送るほうほうがあります。

他のメアドでも、送信対象ファイルのサイズが50MB超えると、kindle cloudに載せられないので、端末ごとに送る操作しか残されていません。

クラウドのリンクを使い、例えばandroidでDLして手動で対応しても 読めるようになりますが、端末間で共有できるSend-to-Kindle機能 をあきらめることになります。

補足: Send-to-Kindle の利用条件

Amazon.co.jp ヘルプ: Send-to-Kindle Eメールアドレスの使い方について

Send-to-Kindle 50MB, zip 可

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201974220

対象形式
amazon.co.jp ヘルプ: Kindleパーソナル・ドキュメントサービス

・ Kindle形式(.MOBI、.AZW)

・ Microsoft Word(.DOC、.DOCX)

・ HTML(.HTML、.HTM)

・ RTF(.RTF)

・ Text(.TXT)

・ JPEG(.JPEG、.JPG)

・ GIF(.GIF)

・ PNG(.PNG)

・ BMP(.BMP)

PDF(PDF)

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/ref=hp_left_v4_sib?ie=UTF8&nodeId=200767340

事前 準備:対象端末のメアドを把握し、セキュリテイを緩和させておく

  1. タブレットなど対象端末にkindleアプリをインストールして、ログインをしておく。
  2. amazonの登録済み端末のメアドや端末名を設定する。(このメアドに添付ファイルとしてE-bookを送るイメージ:コンテンツと端末の管理→端末: https://www.amazon.co.jp/mykindle)
  3. amazon アカウント上の設定で受信可能なメアド✉( humbleから送る場合、 送信元であるhumble:以下のページ内に表示されてる)を設定します。

購入ごとの手順

1~3はhumbleからの手順です。Gmailや他のメアド(上記のように許可設定必要!注意!)から添付で送る手順で置き換えられます。

  1. humblepurchase(購入)ページ にログイン。←libraryページの 個別E-bookのところではないのでわかりにくい。
    https://www.humblebundle.com/home/purchases
  2. 購入した一覧から対象のe-bookバンドルのページを開き、ページ上部の リンクをクリック"Send the eBooks to my Kindle or Kindle reader"。そのリンクがなければ送信できません(Humbleとしては対象外ということです。←わかりにくい)。
  3. 画面が変わったかわかりにくいですが、遷移先画面の少し下に送信可能な Bookのチェックボックスがあります。チェックを入れ、対象のkindle端末のメアドを補完して、ボタンをクリック。( 送信可能でない場合、一覧として表示されず、送信できません。 humbleは pdf/epub/mobi形式がありますが、50MB未満のMOBI形式があるE-Bookしかリストアップできないようです。←わかりにくい)
  4. kindle cloudにE-bookが保存され、対象端末にいつものkindle本のようにDLされてます。

Viewing Your eBook Files On Your Reading Device – Humble Bundle

https://support.humblebundle.com/hc/en-us/articles/202712300#kindle

最後に

今回は humbleの例を出しました。

青空文庫や、仕事でのパンフ・資料などもpdfにして、Gmailに添付して送れば、同様のことができます。件名・本文とも記載はいりません。その時も送信元の自分のメアドをamazonに登録して、セキュリテイ上許可をしておきます。

cloudに直接アップしても kindleアプリで共有できないので( DBに設定されないようですね。) 他の端末と共有したいときはメールで送る必要があります。かといって大きいファイルであれば利用できず、また、端末に直接保存しても他の端末から見えません。

もうちょっとサイズの制限緩和がほしいところです。漫画やフルカラーの雑誌関連は厳しすぎです。

個人的によく使うフォーマットはpdfです。青空文庫で小説を読むなら、textやhtml(ルビがある)がおすすめです。あとは 自作メモのword形式です。pptは対応していないようですね。ファイル形式はサイトで対応のものをDLするか変換するかで対応してください。

アップした資料等は、amazonのアカウントの先ほどの隣のデジタルコンテンツ管理ページで削除できます。

Delicious にシェア
Digg にシェア
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

21 views.



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です