サイト作成を手早くすすめる作業効率化におすすめのプラグイン【WordPressプラグイン】


car_rushlight-min時間のかかっていたサイト作成や編集作業を短縮化するプラグインを紹介します。

Browser Shots

サイトのキャプチャを省略して、URLだけでサイトの画像を自動的に表示することができるプラグインです。

https://ja.wordpress.org/plugins/browser-shots/screenshots/

編集で、カメラのアイコンをクリックしてURLを入れるだけです。必要に応じてサイズも変更できます。実際に画像のアップロード作業はありませんので、素早くページが構築できます。

ページが簡単に華やかにできます。別ウインドウで開く設定はあります。

デメリット

  • ただ、画像がないので、アイキャッチ画像とかが作れないので、少しそこが残念です。
  • 画像の比率が少しずれたり、読み込めない情報があります。また初回読込(?)なのか画像準備まで時間がかかります。
  • 画像がそのままリンクとなります。
  • 画面の下の方をキャプチャする事はできません。
  • ショートコードを挿入するため、ほかのサイトやプラグインに引っ越しにくい面が多少あります。
  • 日本語が表示されていない時がある。

 

Auto Post Thumbnail

ページ内の画像から、自動的にアイキャッチ画像を設定してくれ、アイキャッチ画像の設定の手間を省いたり、設定忘れをなくしてくれるプラグインです。

Auto Post Thumbnail

アイキャッチが設定されていない時はページ最初の画像がアイキャッチになるようです。

有料で動画も対象にできるそうです。

アイキャッチとは、

ページの顔になる画像で、Wordpressではページ一覧してリストアップした時に、頁の初めの抜粋文章とともに画像(サムネイル)が表示されます。

アイキャッチに設定された画像は 大抵人気ページや関連ページなどにも使われます。

AddQuicktag

HTMLをテキストで直接書くとき(ビジュアルではなく)、タグをボタンで簡単に入力できる機能です。

https://ja.wordpress.org/plugins/addquicktag/screenshots/
  • さらにカスタマイズをして好きなタグを入れられますので、新たなプラグイン用のコードやテンプレート的にも多少使えます。
  • カーソルを移動して、開始タグを入れて  また終了タグを入れるためにあちらに移動してのような作業が、大抵ボタン一つで完了するため、作業効率が上がります。
  • インストールができていれば、普通に記事を書くときにツールが増えているとで、簡単に使いはじめることができます。
  • また使わないボタンを非表示にして、画面をすっきりさせ記事の表示部分を大きくすることもできます。
  • 設定からパラメータの変更ができます。
  • 設定内容のエクスポート・インポートができますので、作った人から設定な用を利用させてもらうこともできます。
  • フォントのサイズや色の設定や好きなタイプのリストやpreなどを設定しておくと良いかもしれません。ショートタグなどを入れている人もいるようです。
  • チェックをすればタグごとにビジュアルエディタにも表示することができます。
  • アクセスキーはwindows のコピペCtrlキーを押しながらVキーのようなショートカットキーです。マウスに手を伸ばさずに入力できます。

ビジュアルエディタを見てもはじめ、反映されていないとか思うかもしれませんが、メインはテキスト側にボタン等があります。

TinyMCE Advanced

ビジュアルエディタ側のツールバーをカスタマイズするプラグインです。

https://ja.wordpress.org/plugins/tinymce-advanced/screenshots/

AddQuicking と似てますがこちらはメインはテキストでなくビジュアル側です。

ツールバーも3,4弾追加でき、ボタンもマウスのD&Dで簡単に設定できます。

取り消し線や背景色などのボタンが便利ですね。

こちらのツールのほうが直感的で、見た目もまあまあ近いので使いやすいです。細かいところは流石に無理ですが、おおまかに作ってから テキスト側で微調整する使い方がよくある活用方法だと思います。

ちなみにMCEは昔からあるHTMLエディターで、 WIGSIGとしてオープンソースなどで作られてきました。いわゆるワードみたいな見た目でHTMLを書くツールです。今でもTinyMCEはあります。

カスタムフィールドテンプレート

一言で説明するには、抽象的な機能なので難しいですが、各記事の 一定のパターンセットの内容を定義する機能です。

https://wordpress.org/plugins/custom-field-template/screenshots/

例えば、食べ物の店であれば、場所や営業時間、ランクなどどの店にも使いたい定義・プロパティがありますよね。それをカスタムフィールドの一つ一つに、 place , time , priceなどと枠を作っておき、1店舗の情報を調べるごとにせていします。そのあと、少しプログラムの知識があったほうがカスタマイズできますが、見た目のテンプレートを作るとページの表示だけでなく、カテゴリごとのインデックス(例えば恵比寿の店のみ表示するなど)ができるようになります。

デフォルトのワードプレスの機能では難しいく面倒なので、このプラグインを投入して管理します。表示については結構カスタマイズやプログラミングが必要だと思います。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Buzz This
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg
Share on reddit
Share on LinkedIn
Bookmark this on @nifty clip
LINEで送る
email this
Pocket




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です