ファイル格納場所を一発でオープン - xyzzy lisp

ファイル名: -

今開いているカレントバッファーのファイルのディレクトリを エクスプローラで開きます。

D&Dでエクスプローラとシームレスにファイルやりとりできます。
xyzzyで状態を保存していて、ディレクトリ閉じた場合とっても楽です。[マウスジェスチャー]と連動して使ってください。
マウスジェスチャー | SCAITY(スケイティー)
カレントにも対応 (filer ではない)
(defun open-directory-where-buffer-file-be (&optional buffer-name)
  (interactive)
  (let (b-f-name d-name)
	(if buffer-name
		(and
		 (setq b-f-name (get-buffer-file-name buffer-name))
		 (setq d-name (directory-namestring b-f-name)))
	  (setq d-name (read-directory-name "open direcory: " &key (get-buffer-file-name ))))
	(shell-execute d-name)
  )
)
(defun open-directory-where-current-buffer-file-be ()
  (interactive)
  (let ((name  (get-buffer-file-name)))
    (shell-execute (if name (directory-namestring name) "~/"))))
Delicious にシェア
Digg にシェア
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

639 views.



2 thoughts on “ファイル格納場所を一発でオープン - xyzzy lisp

  1. 2019/03/03 at 10:50

    xyzzy で、グーグルクローム、ブラウザのページを表示する、方法はありませんか?
    コマンドラインからの、キーボード入力のように、ブラウザを使いたいです。

  2. TKI
    2019/03/04 at 03:04

    質問のイメージがつかみきれませんが
    このページに関した質問であれば、

    a) shell-execute 関数にパス(URL or c:\~~\*.html)を指定すれば
    windows OS が規定ブラウザ(htmlプロトコル)で起動します。

    質問からは遠めの例ですが shell-execute 関数の別の使用例として
    次はxyzzy上のテキストから右クリック経由で google検索画面をブラウザで開く例です。
    http://edutainment-fun.com/hidemaru/xyzzy/%E5%8F%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E6%8B%A1%E5%BC%B5_709.html

    b) mini-bufferで開きたい場合、
    Emacs系でよくあるようにM-xから関数を使うことができます。
    ※ a) のファイル名を拾うところと ブラウザを開くところを参考にすればいいかと?

    c)
    ( a), b)は起動だけ xyzzy上で行うやりかたですが)
    xyzzy上でブラウザの機能を動かしたいのであれば、
    browser.dll や www-modeを探してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です