xyzzyで使いたいけれど、覚えきれていないキーバインディング【覚書】

ファイル名: -


意外と使えたり、そういうのあったの!?って今でも思います。

でも、使おうとすると、すっかり忘れているそんなパターンの繰り返しの今日このごろ

メモります。

 

┌──────┬────────────┬──────────────────────────────┐
│LFD (C-RET) │newline-and-indent │改行後直前の行に合わせインデント │
├──────┼────────────┼──────────────────────────────┤
│C-o │open-line │カーソル位置を変えないで改行を挿入 │
├──────┼────────────┼──────────────────────────────┤
│M-^ │delete-indentation │インデントを削除し直前の行と連結 │
├──────┼────────────┼──────────────────────────────┤
│M-C-o │split-line │ポイントから行末までのテキストを縦に 1 行下げる(2 行に分割) │
├──────┼────────────┼──────────────────────────────┤
│M-/ │just-one-space │スペース挿入または複数のホワイトスペースを 1 つにまとめる │
├──────┼────────────┼──────────────────────────────┤
│M-\ │delete-horizontal-spaces│カーソル前後のホワイトスペースを削除 │
├──────┼────────────┼──────────────────────────────┤
│C-x C-o │delete-blank-lines │空行削除またはカーソル行前後の複数空行を1つにまとめる │
├──────┼────────────┼──────────────────────────────┤
│M-C-a │beginning-of-defun │関数定義の先頭に移動 │
├──────┼────────────┼──────────────────────────────┤
│M-C-e │end-of-defun │関数定義の末尾に移動 │
├──────┼────────────┼──────────────────────────────┤
│M-; │indent-for-comment │行末にコメントを追加 │
├──────┼────────────┼──────────────────────────────┤
│C-x C-e │eval-last-sexp │前の式を評価 │
├──────┼────────────┼──────────────────────────────┤
│C-x a │set-variable │変数の値を変更 │
├──────┼────────────┼──────────────────────────────┤
│M-C-t │transpose-sexps │式の入換 │
├──────┼────────────┼──────────────────────────────┤
│M-NUL(M-C-@)│mark-sexp │S式の末尾にマーク │
├──────┼────────────┼──────────────────────────────┤
│M-C-b │backward-sexp │S式を 1 つ越えて後方へ移動 │
├──────┼────────────┼──────────────────────────────┤
│M-C-f │forward-sexp │S式を 1 つ越えて前方へ移動 │
├──────┼────────────┼──────────────────────────────┤
│M-C-n │forward-list │リストを 1 つ越えて前方へ移動 │
├──────┼────────────┼──────────────────────────────┤
│M-C-p │backward-list │リストを 1 つ越えて後方へ移動 │
├──────┼────────────┼──────────────────────────────┤
│M-C-u │backward-up-list │リスト構造で 1 レベル上がってから後方へ移動 │
├──────┼────────────┼──────────────────────────────┤
│M-C-d │down-list │リスト構造で 1 レベル下がってから前方へ移動 │
├──────┼────────────┼──────────────────────────────┤
│M-0 ... M-9 │digit-argument │後に続くコマンド用の数値引数の一部を作る │
├──────┼────────────┼──────────────────────────────┤
│M-- │negative-argument │後に続くコマンド用の負の数値引数の一部を作る │
├──────┼────────────┼──────────────────────────────┤
│C-u │universal-argument │後に続くコマンド用の引数取得を開始 │
└──────┴────────────┴──────────────────────────────┘

 

 

 

 

 

 

Delicious にシェア
Digg にシェア
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

129 views.



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です