さくっと印刷/さくっとファイラー起動連携するxyzzyの起動引数

ファイル名: -

windowsのアプリケーションを開くときに指定する コマンド引数が起動引数です。このページではxyzzyにおける使い方/サンプルを説明します。

起動引数(ひきすう)とは何かというと

xyzzyの起動引数は、xyzzyの起動の仕方を変えるためのものです。windowsでは 例えばアイコンを右クリックしてからプロパティのリンク先の最後に -xなどと文字(起動引数)を追加することで対応します。 起動引数は、アプリケーションに依存します。 このページでは、xyzzyの標準ヘルプに詳細は描いてあるので、起動プチテクニックの方を紹介していきます。  
xyzzyのREADMEに 細かい起動引数の説明があります

多様な起動方法

起動引数を設定していろいろな立ち上げ方ができます。 起動のパターン
  • アイコン(やショートカット)から
  • (送るから:アイコンと実質同じ(C:\windows\SendTo フォルダにショートカットを置いておく など))
  • プロンプトから
  • ファイル名を指定して実行から
全てwindows上では基本的には同じ事をしています。 アイコン以外は毎回フルパスで指定する必要があります。 (アイコンはフルパスが既に設定されているはず) 又いくつかは xyzzycliでは起動できないコマンドラインオプションがあります。 詳しくは~/xyzzy/html\00README.htmlを参照してください。

具体例

dump file

ダンプファイルを変更する必要がある時(sitinit.l関係を変更した時)。 xyzzyを起動したまま、S-C とクリックでダンプファイルを書き換えてくれます。 '-image' ダンプに失敗して以前のファイルで立ち上げたい時に使います。

印刷

xyzzy_ppty

xyzzy起動時にファイルを印刷させる方法です
  • ~/xyzzy.exe -p D:\MyDocument\readme.txt
  • 後ろに好きなファイルを指定してください。
  • スペースが含まれる時は"等で囲んでください。
  • 複数のファイルなどの場合,こつが要ります。(Lispで)
 

2画面filer のみオープン

xyzzy起動時にファイラをオープンさせる方法です
  • まずアイコンのショートカットを複製します。
  • 右クリック、プロパティを選びます。
  • リンク先となっている所の最後に"...\xyzzy.exe"から "...\xyzzy.exe -f open-filer"と追加します。
  • さらに「実行時の大きさ」で最小化を選んでください(これは上イメージ参照)。
これで設定は終わりで後はそのアイコンをクリックするだけです。

grep

~/xyzzy.exe -f my-grep D:\MyDocument
ちなみに、-f は ファイルでなくてファンクションの方です。 ファイルは -lです。
今度は.xyzzyに以下を追加して保存しておきます。 (refer [xyzzy:08062,08057])

関連リンク

xyzzyの役に立たないReadme xyzzyのマニュアルです 起動引数の詳細が書いてあります。ちょっと難しいですけど ・xyzzy起動時に diff(xyzzyの音)fenrirからxyzzyでGrep(その2) - himadatenodeの日記
Delicious にシェア
Digg にシェア
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
email this
Pocket




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です