【世界5大医療雑誌】運動不足で死亡する人は原因の10%から25%


肥満と運動不足どちらも
死亡リスクをあげます。

肥満との組み合わせで、
糖尿病や脂質異常は
致命的になる可能性もあります。

でも、運動不足と肥満とでは
どちらが危険が高いのでしょうか?

日本政府は、運動不足の方が
影響が大きいとしているようです。

最近のForbesで  behavior health(ビヘイビアヘルス)で
世界で運動不足で死亡する人が10%がいると言う記事を出しました。

ForbesJapan (フォーブスジャパン) 2016年 10月号
元ネタは、以下の論文のようです。

Effect of physical inactivity on major non-communicable diseases worldwide: an analysis of burden of disease and life expectancy – The Lancet
http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(12)61031-9/abstract
似たような記事に、握力のサイズと健康の関係を記した論文がありますが
直接の因果関係ではないと思います。
ただ、やはり動く人は握力も大きい事が多く、
動く人が健康なので、相関関係は高いのだと思います。

Prognostic value of grip strength: findings from the Prospective Urban Rural Epidemiology (PURE) study. – PubMed – NCBI
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25982160

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。