ランチパックにコーヒーポーション、マーガリンのトランス脂肪酸は気にしなくてよい


トランス脂肪酸は
脂肪酸と化学的にほぼ変わりません。

若干太りやすさのデータがあるそうです。
(がんや中毒、ホルモン異常という意味はない)

天然(肉など)にも普通に含まれており
日常的に食べています。

また、マーガリンやポーションに含まれている量も
0.1%ありません。
1日の総量で換算したらもっと小さくなることが予想できます。
0.1% *  (5g/2000g) = 0.00025%です。
※欧米の推奨量は1%以下

日本は欧米よりも肉食ではないため、
摂取量は一層少ないです。

またFDAが禁止したのは天然ではなく、
人工的に作って入れる製造方法のみです。

それは、西欧人が比較的肉を食べたり
高コレステロールや脂肪を取るからという
動脈硬化全般的な話しとしての指導です。

なので、トランス脂肪酸を気にしすぎるよりも
カロリーオーバーや脂肪の取りすぎを気にするほうが重要でしょう。

調べた内容:
トランス脂肪酸は食べて良いのか悪いのか

関連類似ページリンク

コラーゲンを直接食べてもコラーゲンは吸収されない

【体に良い/悪い?】マックなどの脂が腐りにくいわけは

【世の中にはびこる!?】疲労回復してスタミナを付ける5つの方法のウソ・ホント

トランス脂肪酸は食べて良いのか悪いのか

インスリンは血糖値を下げるためのものか

基礎代謝の効果はどれくらいか

【本気で取組む】冷え性という病気の正体と対応方法を調べてみたまとめ

ポーションにトランス脂肪酸が。。。

肉を食べて脂肪になるか?

保存料・防腐剤をまとめてみたら安心したときの覚書

血中のコレステロールと摂取するコレステロールの関係は実はあまりない

糖尿病の仕組みをざっくり整理してみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。