レバー好きな人は要注意!


id-10082363_by_rajcreationzs-min

昔は生レバーや
馬刺しが美味しかったですよね。

でも死亡事故も起き、
食べれなくなってしまいました。

レバーは肝臓なので、
いろいろ直接的に栄養を含んでおり、

滋養としても、昔から活用されていました。

肝という漢字や、肝心という言葉があるように
重要な食材です。

ただ、ビタミンAという観点では、
栄養が豊富すぎて、
注意が必要のようです。

鳥や豚のレバーのビタミンは 100g あたり 10,000μg を遥かに超えてしまい。
日本などの 摂取基準 2000μgを超えてしまいます。
(毎日 25,000μg摂ると危険らしいです)

うなぎ、牛レバー、銀だら、ホタルイカも 1000μg

そのため、1週間に1度に抑えるように言われています。

ちなみに、トマトやかぼちゃ、人参などの植物由来のビタミンAは
厳密に言うと レチノール(ビタミンA)ではなく、その前段階の前駆体(ぜんくたい)である
βカロテンなどです。プロビタミンAとも呼ばれています。

これらは、体にビタミンAが豊富にあると、
レチノールに変換されずにそのまま排出されるます。
だから植物由来のビタミンAは食べ過ぎる心配はないようです。

ビタミンAは、ほうれん草、バター、うなぎ、チーズなどでも摂れますし、
不足もしにくいです。

ただ、タバコとの相性は最悪のようです。

ビタミンA – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3A

食品安全委員会のファクトシート「 ビタミンAの過剰摂取による影響
http://www.fsc.go.jp/sonota/factsheet-vitamin-a.pdf

補足

手軽に栄養過不足を確認できるをアプリ(android/一部有料)をどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。