座っている状態が一番腰に負担がかかる。


立っているよりも、座っている方が安静なので
ついつい錯覚違いを起こしてしまいそうです。

しかし、腰に注目してみると
寝ている方が一番腰に負担が低いのです。

また、腰を曲げるとき、
背中やウェストを曲げるのではなく、
大腿骨の付け根毎曲げるのが正解です。

その時は、背を伸ばし、胸を張り気味で
お尻を突き出すような感じです。

前屈でも、硬い人は、背中を曲げようとしますが
柔らかい人は、腰から曲げようとします。

こんな感じ↓
前屈

 

 

あっ、いやこっちか?↓
前屈

こっちだった。↓

(できるかーい!)

まあとりあえず
柔らかい人は、腰から曲げようとしているのがわかると思います。

だから、前屈の前に、前後や左右に腰を柔らかく、解放するような動きをすると
少し良くなります。

(ただストレッチをして、体を柔らかくするほうが怪我しやすいらしいので
運動前には控えましょう)

ケニアの人も
同じやり方で
一日中腰を曲げても痛くならないそうです。

 

 

(p)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。