白米(こめ)は日本の文化というが、、、


8423-close-up-of-white-rice-pv-min

よく経済家やコメンテーターが、米は日本の伝統などといいます。

 

じつは、それほど長くはないんです。

 

■一点目、白米が一般に普及したのは

白米が普及したのは、終戦直前の頃、

食べ物が貧しくなり、配給になったときに一般市民に広がりました。

それまでは、ふつうに雑穀米を食べています。

 

その後の戦後、食糧不足に対応するため、

白米(脱脂粉乳や小麦も?)を増産し、

日本に無くてはならない物になりました。

ちなみに、戦後ササニシキやコシヒカリで、有名な農林1号など

北陸で開発し、今はみんな、日本独特のお米を食べられるようになっています。

モッチリ好きな日本人はコシヒカリを選んで、

ここ20年くらい、コシヒカリの種類が伸びてきましたね。

それでも、主食になったのはここ60年位ということになります。

 

まだ江戸時代、江戸に参勤交代で来た時に、

白米のみを食べて栄養が一層偏ったため

江戸患いになりました。

つまり上流階級の内でも、江戸の一部の人だけ白米を食べていた

と思われます。

 

ビタミンが含まれているそばが、江戸で流行ったのは

わかる気がします。

 

 

 

■日本が農耕民族になったのは、遅め

実は、日本の縄文時代は、世界にまれをみるくらい長いです。

歴史学者や古代学者は日本の縄文時代を研究している人もいます。

 

それは、木の実やしじみなど豊富に合ったことと

土器や火が使えたことです。

 

土器や火が使えたことが何の関係があるかわかりますか?

 

現代に暮らしていると、皿や火の重要性に気づきにくいかもしれません。

 

 

それは、調理ができるということです。

アク抜きや、殺菌ができるということです。

つまり、食べられるものが劇的に増えるということです。

 

どんぐりの他、色々なものを焼いて食べるだけで

十分に争いをせずに生きてこられたという、文化の証でもあります。

 

世界的には、やはり農耕で安定し人口が増やせられ

そのあと領土を増やして、来たと思うのです。

 

当初、縄文文化が繁栄していましが

縄文人でも、対応できなくなりました。

(私は個人的に、沖縄の人やアイヌ人系のいわゆる毛のこさそうな人が、ポリネシア・ミクロネシアから島々を渡ってきたと思っています。のちに暖かくなって、朝鮮経由(和風の顔立ち)の人が、縄文人を殺して入ってきたと思ってます)

 

それは、鉄です。

 

当時、九州地方では、今の世界地図をみると 朝鮮と日本に境目があるように見えますが

実は、朝鮮と日本は同じ 一族だと思っています。

むしろ、東の国(出雲や近畿(名古屋方面))などと敵対していたと思います。

 

鉄は、青銅よりも硬いため、人数の論理にも影響し始め

縄文人を、九州、出雲、武蔵(関東)を次々に、

そして征夷大将軍を送ってアイヌ人を追いやったと思います。

 

組み入れた後は、冷寒の地方でも、

育たなくても作って、それに対応して品種改良してきた日本人が、

徐々に広めてきたと思うのです。

 

一つは、水稲です。いわゆる水貼り。

これは、おそらく、雑草駆除の手間を省くためだと思いますが

そのため、水に埋まらないくらいの苗を事前に作り、

水に強い、田や稲を作る感慨の技術や農業の技術を育ててきました。

 

2つ目は、戦後の農林一号などの開発が大きかったと思います。

ここにも、先祖の日本人に感謝して、ご飯を食べれる話でがありましたね。

 

 

まとめ

このように、意外と日本人は農耕民族ではなく、コメを食べれる人は少なく

白米が普及したのは実はここ最近です。

私の親やおじいさんも、よく聞くと、米はそれほどしょっちゅう食べているのではなく、

麦や稗など普通食べていたらしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。