筋肉のパワーとエネルギーの関係を勘違いしてた話


エネルギーや呼吸を調べてわかったのだけれども

エネルギーって
細胞の痙攣みたいなもの

エネルギーがないと
破裂したり、体の機能として働かなくなるだけ
(まあ死ぬけど)

馬力的な意味は直接はない。

筋繊維って、エネルギーがあると
神経が黒とぴくっと縮まるイメージ。

一個一個に可変の馬力はなく。
いつも、(多少アナロジカルだけども)
一定の強さで縮む。

例えば10個の筋細胞が
繋がって1本になっているとする。

そのうち1つが縮むと1の力がはたらく。
2つ働いても、結局左右でともに1の力が働いているにすぎない。

直感だと想像しにくいかもしれないが
物理の授業で紐の両端におもりを
滑車でぶら下げるようなイメージで
筋繊維の長さや量は、筋力に影響しない。
(スタミナには影響しそう)

だから、筋肉をつけたい時は
筋繊維を増やすようにすればいい。
かと言って筋肥大がパワーになるとは限らないのが
悩ましいところ。

どうやって筋線維を増やせばよいかは
知らないのですが、
パワーを出して縮めたときに
自然と伸びるようになるやり方が良いと言う説だそうです。

筋線維についての質問です。詳しい方にお聞きしたいです。 – … – Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1042208340

瞬発力を鍛えたいなら
ライオンのように負荷をかけたあと
完全に休むと、筋肉の萎縮が抑えられたそうです。

ライオンに学ぶ速筋繊維の増やし方|超一流のボディメーキング術
http://ameblo.jp/satoshiobata/entry-11635454279.html

余り気にせず筋トレする方法で良さそうですね。

類似関連ページリンク

【世の中にはびこる!?】疲労回復してスタミナを付ける5つの方法のウソ・ホント

【あなたはまだ勘違いしている!?】乳酸は疲労物質ではないという事実

深呼吸っておすすめなんだけどな

【厚労省が撤回】コレステロール目標値はなくなった【2015】

【本気で取組む】冷え性という病気の正体と対応方法を調べてみたまとめ

糖質制限で今言える確実なデメリットは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。