勝負にこだわりすぎることによるデメリットを考える


勝つことは、
相手が弱くなることも
許容する。

それは、自分の可能性を見ていない。

勝つことは
相手の足を引っ張ることを
誘惑する。

それは、自分を信じていない。

勝つことは、
無限の可能性を
見ることはできない。

それは
自然(神?)と調和できていない。
協調できていないからだ。

勝つことを目指すと
相手に勝ちさえすれば良くなるため、
成長が止まる。

つまり、
無限の力がなくなる。

それは社会的にも、損失だ。

自分はスポーツをしたり、よく見るが
少し嫌だなと思う理由はここにある。

孫子も 究極は戦わずして勝つことと言ったが、
自分は欲張りなので
もっと進みたい。

あと半歩先を行けば、
人類は、数千年以来止まっていた足が
前に進む気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。