差別用語問題の根本は言葉を変えるのではなく、普段の心の有り様を見直すこと


こういう言葉は、差別だからとか
気分を害するからだとかで
言葉を変える運動をする。

だが、それはじつはちょっと遅い。

差別用語というのは
用語の発音のはなしではなく、
その言葉を使うときの意図や意識に問題がある。

つまり、それを受け取る人が
長い間、侮蔑の意味で使われてきたと感じているから
その言葉はそういう意図を感じ、記憶となり、言葉に意味がつく。
(言葉というのはそういう作られ方をする)

根本の問題は、当初からの使うときの心の有り様である。
(もちろん、受け取り手の問題でもある)

言葉に意味がついてから変えても
全く同じことが起こる。

まずは、自分に卑しい意味で使っていないかを考える。
それが先決だ。

それにしても、だから形式から入るのは嫌いなんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。