算数や英語ができないときの原因は


一番大きな原因は、
どこかに、欠けている知識があるから
話がちんぷんかんぷんの可能性が高い

なので

やり直すことを勧める。

数学が得意な自分でも、
なにかおかしい時は、
徹底的に分からない物を
全部過去までたどる。

今はそういう勉強がしにくいので
ローラー作成でやるしか無い。
(ちょっとそういうサービスを作りたいなと考え中)

お金があれば、
家庭教師山についてもらっても良いが
自分でやったほうが
安上がりで意外と
それ以外にも漏れがあったことに気がつくので
良いかもしれない。

また頭の中が再整理する。

予習していれば効果が薄いかもしれないが
たいてい予習と同じ効果がある。

理科も同じ理由が
ところどころ出るが、
算数や英語ほどではない。

国語や社会も
別に積み上げるほど
同じことを深掘りすることはない。

あとは、頭が良くてリアルすぎる子
現実にどう使うのか意味がわからないと
ちょっと止まってしまう子だ。

ゲームとして楽しめればよいのだけれど
まぁそういう子は自分で考えることができるので
先に働けば、なんとかなるだろう。

もうひとつは、最初のことと絡む部分もあるが
ルールがわからなく、文章や意味に変換できない子だ。

そういう子は、言葉で会話することも
まだ未熟の場合が多いので
じっくり、絵本の読み聞かせだったり
漫画でも良いから、文章の絶対量を増やしたり
夕食時に会話すると効果的かもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。