行き過ぎた利他の精神に物申す


利他の精神というのは、
狭い範囲で自分のことを考えていてはだめだよという意味だが、

自分のことを含むのを忘れていはいけない。

第一段階は、周りとの繋がりを意識した
利他の精神が大事。

第2段階は究極的にはそれが
自分の喜びに繋がり、自分のために動くことになる。

親鸞は他人のためにしたことが
のちのち自分のためになっていたんだと
認識した。

自分も大事にしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。