【雑記】日銀の役割は、取引(経済)が滞らないぐらいにお金を刷るだけ?


日銀の役割は、取引(経済)が滞らないぐらいにお金を刷るだけで良いともうけれども

そんなに難しいのかな?

お金をみんなで刷ったりするとお金の価値がなくなるので
それを一身に引き受けるのが日銀なんだから
最低限それに注力すれば良いはず。

日銀が経済を変えられる理由がわからない。
というかコントロールしちゃだめだろうと思う。

外貨などの流通量にしても、ある程度把握しているはずだし
把握できない、銀行経由で市中にしかまわせない
という言い訳ならば、電子化したり方法はあると思う。

そうでないならば日銀というシステムが力不足だし不要ということになるし
目的に合致しなければ、法律がおかしいのでは?

景気引き締めは、
元々刷りすぎたミスが原因でやる内容だろうと思うし
どれだけ刷るかは、景気/不景気で判断するような、政治的・感情的なものではないと思う。

日銀が物価の安定させてはダメだし
それはできないから神の手見えざる手があるのでは?
みんな自由に、売値買値を決めたいのが経済自由的主義でしょ。

国民の健全な発展にならないような。

金融の安定も、結局お金を刷って
国民のお金を勝手に獲っていく方法で安定させるということは
日銀はお金が不足したらいつでも、国民の懐に手を突っ込める権利があります
言っているようにしか聞こえない。

32 views.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。