TPPなど外交内容を国民に話せないようでは民主化ではない


外交内容を国民に知らせないようでは
国民が先に判断できず、
民意を反映できないという意味だ。

だからそれは民主主義ではないため
そんな基本的な重要なことがわからない人は
日本の政治からいったん退去してもらうべき。

ましてやそれでは議論が進まないと
脅しをかけて拒否権を発効するなんて
民主主義の根本を脅かす。

日本の大正デモクラシーが
実質意味がなくなり、陸軍が暴走したり議論が進まなかったのも
国連が暴走するのも
拒否権があるから。

拒否権は民主主義に違反し
根幹を揺るがしかねない問題。

国民は覚悟を持って、民意が反映できないならば
調整や交渉をしなくてよいという判断をしないといけない。

民主主義を手放すと、
恐怖のリバイアサンが生まれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。