【縄文時代】縄文土器の何がすごいか


縄文時代って
なにか暗くて

歴史で学んでも
何も面白くなかったんだけど

2つの点で
すごいことに気づいた。

一つは土器。
わかりますか?

土器は 器
器と言うのは水をいれることができる。

器と火で調理できる。

調理できるということは
食べ物を煮たりできる。

煮れるということは
食べやすくなったり、

傷んでいるものが食べられるようになったり
アク抜きができるということ。

これがどう重要かというと
食べ物が増えるということだ。

アサリや栗以外にも

渋いどんぐりなど
茹でればアクはだいぶ減る。

ちなみに、大抵の食べ物には
多かれ、アクが含まれている。

政府が色々食べなさいと言っているのは
栄養リスクだけでなく、そういうアクのリスク分散のためでもある。

こうして、更に多くの食べ物を得られた
縄文時代は更に反映した文明になった。

もう一つは、
また今度。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。