とうとう解放されたwindows版Linuxによりmacのピンチ


ubuntu(うぶんつ) サポート会社と連携して、
Microsoftが Linuxを動かせるようにしていた。

それが 2016年
ベータ版だがとうとう一般向けに解放された。

WSL(Windows Subsystem for Linux)だ。

Microsoft and Canonical partner to bring Ubuntu to Windows 10 | ZDNet
http://www.zdnet.com/article/microsoft-and-canonical-partner-to-bring-ubuntu-to-windows-10/

これにより、
windows上でも Linux に近い環境で開発できる。
コンパイラやサーバなど、情報も一元化されるし
開発スピードや手間も削減される。

nginex(えんじんえっくす)やnode.jsの他

ubuntuはdebian系なので
コンテナ化がどういう風に実装されているかに依存するものの
dockerや lxcなど クラウドやサーバ関連技術にも期待したい。

Ubuntu (not Linux) on Windows: How it works | ZDNet
http://www.zdnet.com/article/ubuntu-not-linux-on-windows-how-it-works/

これからはますます
サーバ分野や開発機においても、
windowsの優位性は高い。

一方

macの優位性は
・外観デザイン
・デザインソフトの充実
・開発環境の充実

などがあったが、
今回の開発で ブラウザによるクロスブラウザよりももっとコアな部分で
linux環境が windows上で動くようになり
appleの優位性も  外観デザイン以外強い優位性が
なくなりつつある。

google の web推進もさらに遠のくだろうと思う。
(最近はchromeOSでの android動作など。
これもイマイチな機能だようなぁと思う。)

オフィス系ソフトのデメリットや
コストパフォーマンスのデメリットがもともと大きく、
デザインソフトも、クラウド化されつつある今
それほど優位性はない。

カリスマがいなくなった今、
デザインも期待できず
会社として資本はあるが
うまく経営できるかは未知数だ。

カリスマがいなくなった
appleの正念場は続き
microsoftの巻き返し攻勢が続く。

参考

Bash on Ubuntu on Windowsとは? そのインストールと使い方 – Build Insider
http://www.buildinsider.net/enterprise/bashonwindows/01

Learn more about Bash on Ubuntu on Windows and the Windows Subsystem for Linux – Windows Command Line Tools For Developers
https://blogs.msdn.microsoft.com/commandline/2016/06/02/learn-more-about-bash-on-ubuntu-on-windows-and-the-windows-subsystem-for-linux/

ちなみに

ubuntu(うぶんつ)は他者への思いやりという意味で
debianは開発者とその奥さんの名前です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。