なんで拳銃打つときに足を狙わないのか【実世界】


タイトルの通り、
殺さないで、動きを止めれば
犯人を捕まえやすいので
なんでかなぁーと思っていたところ

ちょっと射程距離を調べてみました。

リアルフェチ、本質指向なので
素人レベル+αぐらいですが
気になって深掘りしてみます。

どうやら拳銃は
(ドラマ  ○○デカなどで見る一般的なハンドガン)
10mぐらいでも狙うのが難しそうです。
毎日200発練習している本場の人でも
20m~30mぐらいがせいぜいです。

ましてや一瞬で、
拳銃を構え
そして足を狙い
冷静に行動する。

これは至難の業。

もちろん角度のズレ、弾速と重力の関係や
重さ、反動などいろいろな要素がありますが
予想よりかなり近い。

FBIの調査に寄ると捜査官?は
5m~7mで実際使われるとのことで、
犯罪の時はの実際の使用距離は1,2mで殺害されているケースが
多いらしいです。

個人的には 50mぐらいいけちゃうのではないかと思っていましたが

10mというのは、普通のコンビニの半分もないくらい。
サッカーのFKやセンターサークルは10yard(9.1m)。
ラグビーのスローインの距離も10mです。

ちょっとダッシュしたら、1,2秒で 10mくらい離れられますね。
その間に冷静に足を狙うのは、かなり緊張します。
もし胸や頭に当たったり、周りの通行人に当たったりしたら
という問題あります。

近づくと殴られたりナイフでぐさっと、
遠いと打てない。

やはり、あまり銃は使いづらいようですね。

ドラマや映画など、
50m や 100m でバンバン当てるなんて興ざめです。
リアリティがなさすぎる。

参考

かなみけ | 銃の有効射程
http://puchorog.blog104.fc2.com/blog-entry-235.html

マスケット銃の命中率www
http://fknews-2ch.net/archives/20151023.html

B!KUMA【ビークマ】 – ナイフの間合い 拳銃の間合い 互いの有効距離の関係について。 ‐ ニコニコ動画:GINZA
http://bkuma.hatena.ne.jp/entry/www.nicovideo.jp/watch/sm14697772

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。