ビットコインのブロックチェーン技術の本当のところ、合わないところ


ビットコインが、まだまだ話題で、それをベースにした企業も出始めたようです。

お金の話、ITの話、セキュリティの話など入り混じっているため
混乱が見られるようにも思います。

餓鬼みたいな人も、経済をかじった人には多いですし。

自分が調べて、わかったことを共有します。

仕組み

仕組みは最近だんだんと色々なところで分かりやすく説明されています。
後でアップデートするかもしれませんが、いったん飛ばそうと思います。

特徴

セキュリティ

セキュリティの担保は、SSLやITの鍵のように計算量で担保しています。
しかもしれは、多数決によるシステムで、分散+オープンに決議しています。

それにより、過半数を超えない 悪いグループが イニシアチブが取れないようになっています。

重要な副作用(サイドエフェクト)

で、今言った中に重要なポイントが2つあります。

それは分散オープンです。

分散というのは、処理を分担しているのではなく、多数決をしているため
同じ情報を複数で持っているのです。

またオープンというのは、取引履歴が全員持っているということです。
(ちなみに、一回積みが得るごとの計算量が大きいため 基本ないと思いますが、
二つの塔が同じように伸びていったとき、いったん取引履歴が正しいとされていても
他の塔が、賛成多数を伸ばすとあなたの取引履歴が採用されないことはありえます)

取引所

お金というのは、多くは使えるから価値があるので
ビットコインにしても、ドルに換えられると間接的に価値があることが見えてきます。

マウントゴックスがやられたのは、ビットコインのアルゴリズムの中ではなく
接点である ドル為替のところのセキュリティシステムがやられて取引内容が乗っ取られたのだと思います。

なので、それをみて一概に「ビットコインは危ない」という専門家は、素人のように表面的にしか物事を見ていないのだと思います。

考え方

某都市銀行が、投資信託、街金、外為の時と同じように、 自分たちだけの取引手数料のみを考えているのかわかりませんが、ビットコインに対応させようとしています。

先ほど言ったように、ビットコインの仕組みはそれ自体はたんなる普通のIT鍵です。

そのIT鍵の連鎖が  セキュリティ(計算量)の積み増しになっているだけです。

一つの塔でセキュリティを増やすのは、結局複数の鍵を管理する既存のやり方と大して変わりがありません
(ブロックチェーンというほどのものではない)

またビットコインのような高セキュリティを担保するのであれば、同じデータやシステムを複数持つことになります。

取引データをオープンにしたいお客さんはほとんどいないと思うので

すべてのデータを 内部で抱えるのであれば、ブロックチェーンの強みはないし、
自分たちで同じデータの多重管理になるだけコストの無駄です。

(複数ある分だけ、整合性をとるのが難しく複雑性は増し、リスクが増大する)

まとめ

仕組みや特徴を軸に、普通の企業が取り入れるときに気になるポイントを説明してみました。
ブロックチェーン技術は、ややこしそうですが、論文も数ページ公開され日本語でも開設されているので

あまりビビらずに調べてみると

大きな変化でないことがわかると思います。

その特徴を見てみると、オープンなデータだと相性が良いですが
本人が乗り気でないように、使い道を見出すことは難しいかもしれません。

まだ私が読み取れないことがあるのでしょうか

 

その他のおすすめリンク

人工知能で見落としがちな3つの重要なポイント

34 views.

6 件のコメント

  1. ピンバック: 人工知能で見落としがちな3つの重要なポイント | SCAITY(スケイティー)

  2. ピンバック: AIサポートを事業へ適用するときに、クリアしたい5つのこと | SCAITY(スケイティー)

  3. ピンバック: ブロックチェーンを事業に活用するときに、クリアすべき5つのこと | SCAITY(スケイティー)

  4. ピンバック: 【AI】人工知能で見落としがちな3つの重要なポイント | SCAITY(スケイティー)

  5. ピンバック: 【AI】AIサポートを事業へ適用するときに、クリアしたい5つのこと | SCAITY(スケイティー)

  6. ピンバック: 【ブロックチェーン】を事業に活用するときに、クリアすべき5つのこと | SCAITY(スケイティー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。