【Geforce/Radeon/intel】ざっくり広範囲 グラボ性能比較表【メモ】


どうも、こんばんは

仮想現実に没入できるOculus Rift や 高性能なゲームなど、また新たな表現が増えてきました。

リアルタイム性が上がったことでとてもリアルで酔わずに体験できるようになりましたね。

3DCGを作るにしても表現力がかなり上がりました。

はじめに:比較しにくいスペック表やカタログ

でも、カタログには版しかかかれていない。

その説明ページも、構造の記載ばかり。。。

なにができるの?なにがいいのは全く分かりません。
どういう目的で作られたのかもあんまりりかいできません。

うちうちの範囲でかかれると、あれとどう違うのだろうか?どれぐらいいいのかもわかりません。

お客さんはスペックが知りたいのではなく、
何ができるのか知りたいんだから、
ここまでできるようになるという情報が大事ですよね。

探すのに疲れました。

このように
3DCGや ゲーム 、 VRなどいろいろやりたいときに
Surface や Lenovo などのPCを見て スペックが比較しにくく
調べるのが時間がかかってたので

Windwos PCの グラフィックボード性能比較表をまとめてみました。

それをみんなに共有します。

このページの対象

HW:ハードウェア
【Oculus,Surface Book,Mac Book pro , Lenovo Yoga, Del Omen , Asus ROG】

SW:ソフトウェア
【スターウォーズ,ドラクエ など】

スコアベンチ
【Fire Strike、PassMark  など】

関連リンク:ざっくり速度まとめシリーズ

SSDなどの比較はこちらをどうぞ
データ転送ざっくり速度比較(WIFIからSSDまで)

CPUなどの比較はこちらが参考になります。
【最新版】超わかりやすい「CPU」の性能比較表【447個収録】 | ちもろぐ
インテル(Intel)CPU性能比較|ドスパラ公式通販サイト

★メイン:スペック整理結果

グラボ対象

GeForce GTX 980,970,960、980M、Quadro
Radeon R 938
Intel HD Graphics 4000など

ざっくり広範囲比較表

代表的なグラボ

GTX 1080 18,000
18,000
GTX 106013,000
13,000
Radeon RX 57010,035
10,035
GTX 6604,091
4,091
Intel HD Graphics 520800
800

※値は下記のまとめ表を参考のこと(firestrike値)

一部抜粋したものをざっくりと下に出します。

そのスコアはどれくらいなのかというのは備考欄かページ下部の動画を確認してみてください。

2004年ぐらいから CPUのクロック性能は頭打ち感があり、エコ性能や、core数/GPUによる並列処理の流れによる差別化になってきています。

※1 有名なFire Strikeの Score 約 10,000 に近い 「GTX 980M」を基準に比較

GPU 相対 Score 
※1
Fire Strike Score 備考
NVIDIA
GeForce
GTX 2080
278 25,927
(TS:10602)
GTX 1080 の1.4~1.5倍
   2018年末で 10万円ちょいくらい

GTX 2080ti:30,128 (TS:12,388)
   2018年末で 15~20万円くらい
GTX 2070:16 968 (TS:10,025)
GTX 2060:18066?(TS:7,856)

GeForce GTX 1080 225 21,000
18,000
(TS:6,957)
GTX 1080 : 18,000(TS:7101) ->225(100% :基準)
GTX 1070 : 15,000(TS:7,656) ->188(83%)

GTX   980 : 13,000(FreiStrike) ->162(72%)

GTX 1060 : 12,000(TS:7,000) ->150(67%)

2018年末で 10万円弱くらい

GeForce GTX 980 140 13,000
GeForce GTX 1060 140 13,000 GTX 1080の廉価版
Oculus Rift 最低スペック(当初)
Surface Book2 15inch

2018年末で 3万円弱くらい

AMD
Radeon
R9 390
134 12,500  
Radeon R9 290 121  11,331 Oculus Rift 推奨スペック(2016現時点)
GeForce GTX 970 118 11,000 Oculus Rift 推奨スペック
   
(2016  AMD R9 290など)

以下のStarwarsBattlefront トレイラ―動画の推奨スペック

Radeon RX 570  107 10,035 580: 11900
570: 10035
560: 6100
(参考)
GeForce GTX 1650 100 9255 1660   : 14296
1660 ti: 16448
(参考)
GeForce GTX 980M 100 9,300
(3DM11:11177)
980M: 9,300
970M: 7,523 (DQX:17000) (3DM11:9355)
960M: 4,456  (DQX:13000)
950M: 3,285
940M3,300
Radeon RX Vega M GH Graphics 92 8,556 CPU内蔵グラフィック
GHはGLの上位版。
GeForce GTX 1060 の1.13倍 [*]?
GeForce GTX 770 91 8,440
GeForce GTX 960 76 7,100 Oculus Rift 最低スペック(2016現時点)
Radeon RX Vega M GL Graphics 72 6,717

GHはHigh,GLは Low でノートパソコン用で薄型:CPU内蔵グラフィック。
補足:1050 と1050ti の間の性能のはず

GeForce GTX 1050 の1.4倍? [*]

GeForce GTX 1050 73 6,814 dell や HPの ゲーミングノートPCで採用(2017時点)
1050 ti : 6978(75) 10%upぐらい
    2018年末で 2万円弱くらい
Radeon R9 280 69 6,500
GeForce GTX 965M 62 5,800 Surface book(2017GPU)
GeForce GTX 660 51 4,091
(Pm: 4118)
GTX 650の 222%程度
以下のトレイラ―動画 BattleField4
ドラゴンクエストX /FF14 の推奨スペック
ドラクエXスコア 9000
GeForce GTX 750 36 3,500
GeForce GTX 940M 35 3,300 Surface book(初代GPU)の相当するSPEC
Quadro M620 33   (3,000?) M620   :    33<-  3000(FireStrike)
K2000M:112<- 10000(FireStrike)
P4000  : 112<- 10000(FireStrike)
※GTX 1080のFSとFireStrikeの値を参考
GeForce MX150 32 3,150  こまめブログ
モバイル向けだが、しっかりした性能
Thinkpad T480s
GeForce GTX 650 22 2,100
(Pm: 1832)
(DQX:9000)
Quadro K2000 20     (2,000?) GeForce GTX 650 相当(逆にOpenGL性能は3倍近い性能がK2000に出る)

K600: 100 とすると -> 8.6
K2000:  233 ->20  ( GTX 650 を参考)
K4200:  810 ->70
K5200:1054 >91
M2000: 847 ->73
M4000:1169 ->100

Radeon Pro 450 22 Mac book Pro(2016)搭載
Intel HD Iris pro 5200 15 1,400
(Pm:1179)

Mac book Pro(2016)搭載関連
Passmark Score
Intel HD Iris pro 5200:  1179
Intel HD Graphics  540 : 1360(15%up)
Intel HD Graphics  550 : 1670(41%up)

Radeon R7 M44 10 942

Intel HD Graphics 520 7 (700~800)
(Pm:829)
一般的なノートPC(2016)
940Mの  6割程度のデータもある

Lenovo X1 Yoga(2017)関連
Passmark Score 

Intel HD Graphics 520  : 829
NVIDIA Quadro M500M:900(8%up)

Intel HD Graphics 620 : 945(13%up)
Intel HD Iris Plus 640 : 1343(62%up)

Intel HD Graphics 4000 2 (200)  一般的なノートPC(2012)
 WIndows エクスピアレンスインデックス 5.5程度
GTX 660 の 1/10にとどかないぐらい
Intel HD Graphics 3000 は この4000の 7割程度の性能
Intel HD Graphics 3000 (140) ドラクエXスコア 3000
Intel HD Graphics 2000 1 (120) ドラゴンクエストX 最低スペック
一般的なノートPC(2011)
Intel HD Graphics 3000 は この2000の 2割増し程度の性能

以下歴史的メモ
GeForce 200 Series 15 GTX 280
(PM:1198)
2008年 以降今のようなネーミング体系
Geforce GTX 260
DirectX 10 / OpenGL 3.3対応
GeForce 9800 シリーズ 9 GTX 9800 
(PM:720)
DirectX 10 / OpenGL 3.3対応

GeForce FX (2002年 第5世代(元トップリーダであった競合の3dfxを買収))
GeForce 7100 (NV44)
GeForce 7200(G72)
GeForce GTX 980(GM204-400)

GeForce2 GTS  シリーズ
(NV15)
0  Open GL 1.3に対応
2000年発売
GTX 9800 と65~117倍遅いぐらい
GeForce 256  シリーズ DirectX7に対応
RIVA 128
(NV3)
1998年
多角形ポリゴン方式に転換し、DirectXと連携を組み始めた
NV1 1993 当初売れなかった製品

Pm: Passmark Score(PassMark社)
3DM11: 3DMark 11(3DMark)
TS: TimeSpy(3DMark)
FS: FireStrike(3DMark)
DQX: ドラクエ10 スコア : いずれもサイズやメモリで影響するので目安としてください

Intel の irisが2倍になったとはいえ、 1/7~1/10の性能しかありません。
CPUの成長(ムーアの法則の実現が困難)も鈍化しているので、これからグラボ・クラウドによる馬力の時代が長く来るかと思います。

PassMark は CPUのシングル・マルチコアを図るベンチマークです(3Dはあまり関係ない)。

FireStrike はGPU性能向上により Ice Storm / Cloud Gateでは差が計れなくなったため GTX 900番以降(個人的見解)よく見られるベンチテストです。
Time Spy は DirextX 12をテストするプログラムです。時代に合わせてテストも高負荷になってます。
DirectX 12は windows10専用で 従来に比べCPUのレンダリング負荷を下げ、省電力など実現します。また4Kにも対応します。Killer Instinct , Forza sports 6 Apex , Dark Soul IIIなど対応しているようです。DirectX 11 はwindows7 (2009年)以降採用され、なんかいろいろ細かい描写が良くなったぽい。

NVIDIA[表記]の性能の推測の仕方

NVIDIA(エヌ  ビディア) の GeForce(ジー  フォース) の
最近横についているGTX  は ハイレベル(GTとXの文字)な性能を意味します。 (GTS や 無印もあります)

一般的に3桁目以降の数字(980 >  780) が大きいほうが基本性能が高く
下2ケタ(980>960)は 8が最上位で 以下 廉価版だったり、性能が落ちているものを指すらしいです。

Mは想像の通りモバイルを意味します。

Ti は 遅れてリリースした+αの隙間の性能(1070 < 1070Ti < 1080)、
SLIは複数枚(2枚差しで、例えば1.8倍前後の性能up)

ソフトバンクが買収したARMのようにメーカーではなく、ベンダーであるため同じ型でも作る会社が違い、性能も微妙に異なる可能性があります。

性能の優先度 例

GeForce GTX
660 < 670
980 < 1080
980M  < 980

補足説明

どのぐらいリアルで没入できるか:3DCGの表現力の現状

Oculusで 背中を押されるとこうなるほど、本人にはリアルです。

個人的には、丸ごと3D表示はOculusなどのVRで、住宅や旅行、娯楽の分野(スペースが必要、周りの環境隔離が必要)
現場では ARや MicrosoftのMRなどで現場と重ね合わせで表示できるデザイン分野、作業分野、日常分野に分かれていくと思います。

目安:使用目的別相性

CPUを使うかGPUを使うか:GPU使用基準

ポリゴンゲーム(3d)、CADなど、3Dオブジェクトを計算する場合上記のような計算が得意です。

写真や動画、2次元の図や絵などの編集では、あまり力を発揮しないでしょう。CPUのほうにコストをかけることをお勧めします。

例えばRawデータ(写真)で明るさを編集するような場合は、ピクセルごとの独立した計算になるので、CPUの影響の中でもコア数の影響が出ると思います。それ以外はソフトが対応していない限り多くは期待できない可能性があります(最近はスレッド対応していれば対象影響が出る)。

動画編集の圧縮なども前後のピクセルを利用してフーリエ変換などしているので、コア数よりもCPU自体の速度を重視したほうが効果が高いです。

GPUシリーズごとの得意分野

たぶん。

シリーズ名会社得意機能用途
RadeonAMD社物理演算,陰影が得意
省エネ・格安
DirextX12は強い
2Dの数値演算に強い?
動画編集,
ゲームが得意(PS4/XBoxOne/Wii Uでも)
GeForceNVIDIA社CUDA/DirextX
物理演算,ポリゴン(テクスチャ、リグ)
動画はそこそこ
動作が安定
OpenGL性能は肉薄
3D
ゲームが得意(PS3/N-Switch)
Google社がディープラーニングにも使用。
QuadroNVIDIA社OpenGL (2Dも?)に強く、機能もほぼ網羅。
数値演算精度がある。
RGB深度(8bit->10bit)が深い、マルチディスプレイ対応数(3->8枚)が多い
3DCD/CAD 動画編集/デザイン/画像処理が得意
FireProAMD社
TeslaNVIDIA社計算科学金融/CAE/バイオ(遺伝子など?)
FireStreamAMD社

※CUDA(クーダ)とはCompute Unified Device Archtectureの略称で、NVIDIA社が無償による支援も行って提供するGPUコンピューティング向けの統合開発環境

ゲーム向けのであれば、ポリゴン処理がメインなので、写真の処理などはGPUのとくにGeForceの恩恵は受けないでしょう。それならCPUをアップグレードしたほうが効果は高いと思います。ピクセルごとの処理なのでコアによる並列処理の恩恵も受けやすいはず(OS・ソフト側での対応も必要)です。
(私にはマイニング(ハッシュの計算)やディープラーニングにどう生かしているのか不明)

参考サイト:
ASCII.jp:NVIDIA Quadroでクリエイターデビューしよう! (1/3)

第1回 GPUコンピューティングおよびCUDAについて | G-DEP

GeForce と Quadro の違い

ゲームにGPUを使うとき重要なポイント

大きな注目ポイント

  • fps(frame per second)
  • 画質(ポリゴン数やテキスチャの細かさ)
  • 画面サイズ(DVD品質(640x480) 1080p(1920x1080 fullHD), 4k(fullHDの縦横それぞれ2倍)

が主に大きく関わります。
(その他、アンチエイリアシング、シェーディング、レイトレーシングなどの機能もあります)

fps

まずfpsの目安から話すと、

昔のルパンや、ジブリの映画は 24ぐらいで、
ブラウン管テレビは確か(半分ずつの更新で)16ぐらいでした。
なので個人的に20fpsぐらいできていれば、
アクションゲームやシューティングはできると思います。

20fps を下回ると 常時引っ掛かりが気になり始めます。
10fps(0.1秒ごと:オリンピックのフライング基準)を下回ると、コマ送りと感じます。

30~40出ていれば、スムーズでそれほど違和感はないのではないでしょうか

補足1

ただし、FPSゲームは30fps後半くらいないと3D酔いがきついかもしれません。

また高いほうがいいケースとして、
対戦ゲームを重視する人は50fpsを重視していもいいと思いますが、
普通の液晶ディスプレイやHDMI端子は60hzなので、
それ以上のディスプレイを専用に用意する必要があります。

スーファミやPS3,XBox などは性能的に 60ぐらいでも動かせますが、
実際60で動く(常時ハイレートで意味があるシーンでちゃんと動作する)のは
最近PS4ぐらいのゲームからです。
(最近のDVDは30fps、地デジは性能的に最大で60のようです,youtube の1080p60も。)

VRであれば 60fpsはほしいところです。

画質

最初はきれいな画面でみて、慣れてみたら中画質に抑えてプレイしても
気になりませんし、すぐ慣れます。
高画質よりはfps 30以上あるほうがプレイしやすいです。

なのであまり極端にこだわらなくてもいいと思います。

お勧めのグラボの目安:動作レベルとグラボの種類

以上を踏まえて、まとめます。

内蔵のカードも性能が良くなったので軽い3Dゲームはできなくはないですが
ちょっとゲームをするなら GTX 1050ti((firestrike 7000))あたりが一つの目安です。

そのくらいであれば、
ちょっと画質を抑えてFull HD で 40fps ぐらい出るでしょう。
もっと上のグラボとの違いをFPSゲームで見比べてみても
ややスムーズではないとわかるぐらいの差でしかありません。

また動作スペックを見ると
GTX 660(firestrike 4000)が最低ラインの動作環境で動くゲーム(2014~2019年)がほとんどなので
画質とFPS, HDクラスの画素数を考えても GTX1050あたりはほしいです。

スムーズにきれいに出したいのであれば GTX 1060 ぐらいがおすすめです。
(Fire Strike 10,000越えあたりでOK)
full HD 高画質で 悪くても40後半~ 60弱くらいでるので十分です。

60fps を超えたいのであれば、もっと上が必要ですがコスパはだいぶ悪くなってきます。
4Kになると、GTX2080 でもさすがに 120fpsもでません。

なので画質とともに4Kも趣味の範囲としてメリハリをつけてみてください。

年代別ゲームのポリゴン実行可能目安
(保証はしませんが、、 OSなどの問題もありますし)

具体例は次の節で

年代分け表現力の程度定量的性能、主なGPU種別、具体例
2000年ごろのゲーム ちょっとした3D2010年ごろのノートPCでもそれなりに動く
2010年ごろのゲーム ポリゴン初期Fire strike ( 2000~4000)
GTX 540~660あたり 
Half -life 2 , CSGO、ドラクエX、FF13
2014年ごろのゲーム3Dゲームとして
十分の細かさとオブジェクト数
Fire strike (5000~7000)
GTX 1050あたり
BattleField4, witcher 3
2018年ごろのゲームかなりの滑らかさ  Fire strike(10000~)  
GTX 1060
PUBG

具体的にどれぐらいできるのか:GPUレベルで表現可能な具体的例

単なる事前に計算された動画ではありません。

家庭のPCで、
見えているこの広大な範囲を自由に歩き回れ

しかもリアルタイムでこのリアルなCGが動きます!!

一応3D

最近のノートPC(内臓グラフィック)でもこのスペックをクリアできる! 、、、らしい
(ただし小さめのDVDレベルとかの低解像度画面)

FireStrike 100?くらい

(同時期の3Dグラのソフト:Company Of Heroes (2006) / banished(2014) / 光栄製品シリーズ(三国志13(2017)) / The Vanishing of Ethan Carter(2014))

Dragon Quest X (2012) - DQX

ミドルクラス

GTX 660クラス

FireStrike 4000クラス。これぐらいで動かすだけならまずは十分でしょう。
主なソフト(2014~2019のゲームの最低ライン)も 大体動かせます。
きれいにゲームをしたいのであれば7000~9000スコアの出るクラスをどうぞ

(同時期の3Dグラのソフト(GTX660付近ライン):Cities Skyline(2015) / Tomb Raider (2013,2016,2018)/ NOSTALGIC TRAIN(2018) / Europe Track Simulator 2(2012) / Batmanシリーズ (2010,2012,2013,2015)/バイオハザードシリーズ(remake 2:2019はちょっと重い))

(同時期で グラがいいソフト(GTX660最低ライン):Witcher 3(2015) / Division (2016)/ Watch Dogs2(2016) / Tital Fall2 (2016)/ Forza Horizon 4(2018) / Anno 1800(創世記) / Train Sim World(2018) / steep(2016)/ Ghost Reacon Wildlands(2017))

Battle Field 4(2013) - BF4

ハイクラス & スムーズ

GTX 970クラス

Fire Strike 10000越え

(同時期で グラがいいソフト:Grand Theft Auto V(2013))

Star Wars Battlefront(2015) - SWBF I

GTX 1080クラス

Fire Strike 20000(4000ぐらいでも、最低限動きます)

(同時期で グラがいいソフト:Division 2(2019) / Assasin's Creed Origins(2017))

Anthem(2019)

一概に性能が高いからいいってものではない
:GPU性能を上げた時のデメリット

高負荷になると、デメリットもあるので理解しておいたほうがいいことをメモっておきます。

・値段が高い
・筐体にスペースが必要→デザインの制約が厳しい
(逆にUSB/HDMI/SDHCなど拡張機能は充実させやすい)
・電力を食う→発熱が増える→ファンがうるさい
→ PCが大きくなる・熱くなる
→稼働時間が減る。
→電源が大きくなる→重くなる、厚くなる。→持ち運びに不便

おすすめサイト

性能比較表

おすすめ

3DMark.com/Search

ラフィックス・ベンチマークスコア (デスクトップPC/ノートPC)|G-Tune -ハイエンド ゲームPC・ゲーミングパソコンの通販 

PassMark Software - Video Card Benchmarks - Video Card Look Up

GPU性能比較 - PC de GAME

グラフィックボード スコア一覧比較

その他/参考

ノートパソコンGPUのベンチマークと性能比較 | BTOパソコンミニ館

3Dベンチマーク | パソコン工房【公式通販】

ノートPC・タブレットPC「グラフィックス性能比較表」 | お気に入りパソコン.com 

Intel HD Graphics 520の性能は? Intel HD Graphics 5500やGeForceシリーズとベンチマークで比較! – こまめブログ 

【ノートパソコン編】 内蔵GPU(HDグラフィックス)の性能向上調査 

Surface Bookの実機レビュー/外部GPU搭載 - the比較

3D ベンチマーク参考値 

GPUの性能比較

Delicious にシェア
Digg にシェア
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

3,865 views.



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です