フリーSIMであれば違約金払っても3ヶ月前位は切り替えてもお得



契約金。 しかも1万円。なんとおそろしく、つい尻込みしてしまうかもしれませんが、
解約するなら早いほうが安いんです。

その理由とは?

これを今回を紹介します。

 

満了後に解約しても、実は気付かなかった、追加のペナルティが解約月にあります。
今それほど電話をかけなくても携帯に8千円以上お金を使用している人は考えてみてはいかがでしょうか?

前提

  • 電話をガンガンかけない人用です。

電話をガンガン書ける人はさらに電話の料金プランを確認する必要があります。

  • 2台持ち、ガラケー (つまりスマホはデータ通信のみ)。

家にPCやネットがるのであれば、それほど使わないと思います。私は月1G使ってないです。
しかもIIJなどのプロバイダーで低速の時は、容量として加算されません。


データ通信量は adroidでは設定>データ通信からか、または次のアプリで確認できます。AppUsage

PCの通信料は networx で確認できます。

お得差

docomoのまま解約月に切替せずに3ヶ月前に切り替えた時

違約金 -1万 +月々サポート -3千x3ヶ月  

損失額は -1.9000円くらいです。

損失額
-1.9万円   ・・・①

つきサポート3000円はかなり高い部類です。
月々サポートは1,900~せいぜい2800円:3000円もらえるのは9万近いsamsungやiPhoneを購入する人向けですね。

2千*24ヶ月 = 4.8万円

3千*24ヶ月 = 7.2万円    

その金額相当のケータイを購入していることになります。

フリーSIMでのお得額(月あたり)

スマホ代金7000円から 通話分としてガラケーに1000円(最低プランSSの10年、家族割等で半額)になっていたとすると、

データ通信のSIM代金は 1000円+スマホ代

スマホはすぐ買い変えなくても良いので一旦保留すると 7000円から2000円 (通話1000円+データ1000円)ぐらいまで安くなります。

料金例

その他、dマガジンなどサービス代
iモード/spモード/mopera代、プロバイダー代など
月々サポート -3000
ケータイ端末代 3,000
データ通信代/通話代  7000
その他、dマガジンなどサービス代

mvno通信代 1000
プロバイダ代
(新規端末を購入したらその分プラス)

通話代  1000

端末購入後、月あたり5,000円安くなります。もし2年毎にちょうど携帯を買う場合として、 サポート分を考慮すると2000円/月安くなります。

5,000円  = 年 6万円 = 2年で12万

月2,000円 = 年 2.4万円 = 2年で 4.8万 (2年毎に、7.2万円の新規ケータイを購入する場合)

実際 楽天OCNBiglobeのページに行ってもらえば分かる通り、 2万~4万円で十分最新並みのケータイが購入できます。

 

3ヶ月前だおしたことによるお得額は 5,000円 * 3ヶ月 = 1.5万円です。

お得額

1.5万円   ・・・・②

※メールはGmailを使い、iモード/spモード/moperaのメールやプロバイダを使わない場合さらに 600円安くなります。ガラケーでもiモードやspモード契約してなくてもSMSは使えます。


お得額 1.5万円 + 損失額 -1.9万円  = - 0.4万円  で得していないじゃないかと思うかもしれません。

一見3ヶ月位前ならば待ったほうが良いように見えて

満了後実は、契約月は2年経過であるため、翌月になります。
契約月(2年+1ヶ月)に切り替えると、月初に解約してもその月の分の契約料が日割りでなくかかるため、

1ヶ月分の契約料が引き続きかかります。 + 5500 円   ・・・ タイプXiにねんなどの対象の契約

これがマジでひどいですね。料金は契約しているサービスによりますので、ご自分のサービスを確認ください。また細かいことを言うと解約月前に解約金の掛からない安いプランに切り替えても良いかもしれません。

(仮に1日に解約して、前月末日解約としても、前月の割引がなくなるという←私。月々サポートは貰えてたようです)

お得額は1.5万+5500円で 約2万円になります。

お得額
2万円  ・・・・②'

しかもデータ通信であれば好きなタイミングで、事務手数料込みで、好きな会社やプランに切り替えられます。

また iijなど一度 プリペイドで使用すれば事務手数料がこみこみでかかりません。普通のmvnoプランに比べればプリペイドプランは高くても、キャリア各社の値段に比べたら安いです。良かったら月額のプランに切り替えれば良いし、悪かったらキャリアに残っても良いです。

このように

お得額 2万円 + 損失額 -1.9万円  =  0.1万円  で早い方がお得となります。

※事務手数料 3000円は いずれ払う(切り替える前提)であるため、省略しています。

4ヶ月以前の場合

もちろん、3ヶ月の時点で安いので十分ペイできています。

経費は
キャリアの料金+携帯代+月サポート >  mvnoSIMの料金+携帯代

であるので、
キャリア代 - 月サポート > mvno SIM
7000 -3000 >  2000

となり、前倒しするほうが安くなります。

半年前であれば、SIMもデータだけであれば並行契約してもよいですね。

まとめ

MVNOのSIMに切り替える手数料について、
もしあながたいずれSIMに変えるのであれば、
契約金にビビらなくても、今しても数カ月後にしても差がないです。

 

  シミュレーション用のエクセルテンプレート(LibreOffice)

データ料金やカケホーダイ、電話の購入代金で多少変わってきますが、通話やスマホ購入に対するヘビーユーザでなければ大抵安くなると思います。

安倍首相も提言した格安SIM。これを気に検討してはどうでしょうか?

おまけ

格安SIMデメリット・メリット

  • 4G(LTEやクロッシー)の次の5Gが出ても、すでに LTEで画像や動画など十分な速度があるので、あまり気にならないと思います。
  • お昼の時間帯など、重さが半端ない。
  • 2台持ち。
  • 逆に2台持ちの方が電話の電池の心配が少く、スマホを使い倒せる。
  • 大規模災害時など、mvnoは帯域が小さくなる可能性がある。

iij 5GB 1520円 → docomoデータMパック(5G)  5000円

 

Delicious にシェア
Digg にシェア
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

119 views.



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です