意外と知らない?IT系の人だと普通に便利に使っているAndroidアプリ5+


Google Now や Siri など音声アプリで起動するのは、CMで流れているため結構知られています。それでも、まだまだ便利なアプリがたくさんあります。UIや使い勝手がちょっと届かないところもありますが、大変便利です。

 

 

Suica Reader,EMoney Reader、マルチ残高リーダ
EMoney Readerがなくなったため、みるCa (みるか)と Suica Readerを組み合わせて使えば同じことができます。みるCaは40種類ぐらい対応しているそうです。どれもNFCのおそらくFeliCa(NFC-F)という技術を使っています。交通系などを含めた電子マネーはFeliCaです。NFC-Bは住基や自動車免許などで使われています。

SuicaReader-min◆Suica Reader 履歴が表示されます。例えば何月何日にどこからどこへ移動し、残高いくらで、それからいくら払ったかが20件位表示されます。PASMO/Suicaとも表示できます。

◆EMoneyReader は Suica Readerと同じく PASMO/Suicaの履歴が表示され、切り替えればnanaco(ガラケー),Edy(ガラケー)も問題なく同様に表示されます。

◆マルチ残高リーダは、残高のみ表示してくれます。同じカードや機体(ガラケー)で2つ以上設定している場合、書式をメニューで替えてから使うと読み取れました。PASMO/Suica、nanaco(ガラケー),Edy(ガラケー)。
フォーマットが同じまたは近いはずなので、全国の交通系や、スーパーなどの会計で使っているおサイフケータイの情報はだいたい読めるはずです。waonとか ICoCaなど。

使用の前に、NFC(エヌエフ シー)をONにしてください。
NFC内の領域は大きくないため、たくさんの情報は保存できません。
これらのアプリはFeliCa内の小さな領域に保存されたデータを読み取っているだけですので、その金額・日付以外のデータは素人が見ると混乱しがちですし、アプリ提供者は改善ができません。(例えばSuicaの駅名表示がわかりづらい場合、全国の改札機等のソフトまたはハードを入れ替える必要がある)

 

Google 翻訳
google_translaterScreenshot_2015-07-28-08-46-09-min
使うにコツが居るが、翻訳だけでなく、そもそもOCRができてしまうアプリ。写真で撮って対象の文字のあたりをなぞって決定を押すと、日本語や英語に変換してくれます。ある意味日本語変換しなければ、素のOCRとしてコピペができてしまいます。写真を取る時は、なるべく正面で水平になるようにし、背景に複雑なパターンがなければ大抵うまく行きます。

 

白板会議室CamScaner
hakubannkaigi-min
ELECOMさんが作ってくれたホワイトボードキャプチャアプリ。無料版でも取った画像を台形補正して、メールに送信もできてしまいます。最近は撮影後にコメントを画像の上に描けたりもできます。CamScanerは名前とアイコンが覚えにくい/わかりづらいアプリだが機能は高機能。OCRしてtxt(テキスト)に変換してくれたり(登録必要らしい)、PDFにも変換(コンバート)してくれるアプリ。クラウド同期やドキュメント管理、名刺管理など(有料あります)機能が多い。

 

QRコード
qrcode-min
割りと有名かな。とりあえず不便なく使っています。ガラケーの時は標準でdocomoさんはつけてましたがスマホではないため、たまにURLを展示会などで取るときに使っています。

 

Amazon ショッピングアプリ
amazon_shopping-min
ここで挙げたのはAmazonが使えるという話ではなく、個人的にひとつだけすごいと思ったのはバーコードを読み取って、商品情報のページに飛ぶところです。もし薬局とかでどちらか買うか悩んだらこのアプリを使って、直ちに、レビューをみることができます。本はバーコードだとだめかもしれないですけど。

 

簡単ボイスレコーダー
voice_rec-min
ほんとにシンプルに尽きる。ちょっと録音したいときに、それほど迷わず使えるアプリ。ICレコーダーとか要らなくなります。

 

みんなの顔文字辞典
minnnanokaomoji-min
LINEやFacebookなどで顔文字を入れられるアプリ。このアプリからコピペして入力するか マッシュルームアプリとしてIMEからダイレクトにtwitter等に流し込む方法など両方できるようです。Google IMEもマッシュルーム対応ということで、このアプリを使いやすくなってます。

顔文字や、( •̀∀•́ )✧、複数行にまたがるアスキーアートもあります。

入れ方

  1. Google では ソフトウェアキーボードをいつものように起動して、文字入力させます。
  2. その時多分左下あたりにある文字種"あ A 1" を長押しします。
  3. すると ポップアプメニューが出るため、マッシュルーム起動を選択してください。
  4. あとは、タブや検索から入れたい文字を選ぶだけ

 

 

Delicious にシェア
Digg にシェア
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

1,286 views.



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です