そうだ!東京にいるからAndroidを使って、友達とどっか出かけようとする時の便利アプリ


train_ingreen_ID-100283691-min

©photo76

 

マンネリ気味の時や遊びたいときに、検索するコツやおすすめアプリの紹介です。

ノウハウ自体はミニなかんじですが、参考までにどうぞ

  1. 情報検索
  2. 目的地を調べる
  3. 電車など移動経路を調べる
  4. 電車の状況を観る

 

1.まずはネット でわくわくする行きたい先を情報検索

ぴあやTokyo Walker、 Hanako など地域やお出かけ先が乗っている雑誌、行きたい所があればGoogleなどで調査します。twitter や Facebook , RSSなどのツールを使って情報をpushさせるのも良いと思います。グルメであれば、Rettyやぐるなび、食べログなどがあります。最近のはやりはRettyです。ソーシャル時代のアプリですから。行きたくなるものやワクワクするものが見つかればOK。ちなみに私はこれらはPCで調査します。

ネタに詰まったら、映画、イベント、講演、ミニシアター、で探しても良いですし、山手線の各駅をみっちり調べても面白いかもしれません。

浅草だと水上バスとか、リッチな気分で眺めや風もいい感じです。なかなか人気ありたまに激混みします。大抵お台場か、汐留(新橋や日テレのあるところ)まで行くコースが多いかも。

日暮里駅には谷根千(谷根千)の谷中があります。下町情緒溢れる寺の町です。猫の店だけでなく、アラビア人のうざい食べ放題の店や、戦うTシャツ屋さん、スイーツの店など、新たな発見があるかもしれません。

ちなみに雑誌は docomoであれば dマガジン、SBであれば ブック放題(ビューンがなくなった?)が格安の月額課金でおすすめ。Fujisanリーダにはないかも。

RSSのツールはgReader や feedly がそこそこ使えると思います。

Google+やmixiのコミュニティにもマニアックなものがあるので適当に眺めたり検索するのも面白いです。廃墟とか、階段とか、鉄塔や電柱を集めている人もいるんですね。

 

2.目的地を調べる

最近はWebページにそのまま地図を載せてくれているため、そのまま見れたり便利になりました。たまに手書き地図などではわからない時は たいてい Googleマップで調べますね。Googleマップは調べづらかったりやや重いのも難点です。その他にもyahoo地図やMicrosoftの bing(ビン)などがありますが、好きなもので良いと思います。

 

3.電車など移動経路を調べる

基本的には Googleマップで経路も調べます。駅名がはっきりしているなら yahooの乗り換え案内です。

Googleマップの優れているところは、 駅と駅のあいだで複数の地点からアクセスするとき、ポイントで検索できるので、1回の検索で済むところが便利です。路線検索だと微妙に駅名が違うときとか、中央線と都営新宿線どっちなんだろうという時が面倒だったりします。他のアプリが無料で使えるのでNavitime は、あまり有料会員として使ったことがありませんが、無料ではかゆいところで面倒なことが多いです。

 

4.電車の状況を見る

こみれぽJR東日本アプリなどがあります。

 

こみれぽは電車遅延や台風の時に威力を発揮するかも、まだちょっとシステムがこなれていない感じですがNAVITIMEなので、旧には亡くならないと思います。twitterと連動した社会システムは個人的に要ウォッチしたいです。JR東日本アプリは温度や混雑具合を表示できます。また音センサーでやりとりが出来るらしいですが、まだ試験段階です。

 

 

Delicious にシェア
Digg にシェア
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
email this
Pocket

73 views.



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です