経済が発展しない主な理由


◇経済が発展しない理由

生産しない(農業、漁業、働かない(鉱物))
(日本の始まりから江戸時代に向けての灌漑(土の退避所が古墳、エジプトのナイル川の氾濫の洪水避難場所がピラミッド)、朝鮮:水豊ダム、台湾:烏山頭うさんとダム  八田与一(新字体)、   エジプトアスワンハイダム アフガニスタン:中村哲)、燃料・薪不足(暖房、料理等の火力))
・生産技術や設備不足・不良(まずは小さくてもいいので)
・信用がない(わいろ、暴力、詐欺、腐敗、治安)
教育不足:二宮尊徳(報徳思想)
・物流
・エネルギー(生産、物流)
・お金が廻らない(日本:不足、EU:偏り、発行できない):金融政策周り
・お金が廻らない:物流、決済:システム周り

まずは生産

まずは生産です。農業や、水産資源を大事にすることです。毎年自然から分けてもらうことによって、無限の豊かさが手に入ります。調和していれば困らないのです。

水や空気

次には水です。インダス川の上流のアフガニスタンにおいて、中村哲氏がこだわったことでもあります。

日本には筑後や、信玄つづみ、江戸時代の利根川、荒川など、いたるところの川で治水を行っています。

戦前には、同じ考えのように治水を整理し、灌漑を行い、台湾、朝鮮の発展に貢献しています。

きれいな水は、生活用水や衛生、農業などに大事なポイントです。

木などの管理も同じように、取りつくさないようにバランスをとることが大事です。

教育

これをもとにした教育と、経済、それを検討する政治 です。

社会的な事柄は一見見えにくいものですので、間違いが起きやすいです。

宗教であったり、語り部であったり、年長者がそのような役割をしていました。

現代においても、はっきりいって必須科目です。

悪貨に駆逐されてはいけません。政治や経済の話に国民全員が責任をもってしがみつき、正しい姿を理解する必要があります。

社会にシステムが悪いと間違いも起こり、腐敗が蔓延ります。またシステムの運用の間違いにもつながります。

※めぐりの悪さや、金融システム周りの話は別のページで何度か話しました。

最後に

民主主義であれば、 国民全員が これらをしっかり理解して、結果にも責任をもってやり切る気概が必要だと思います。

2 views.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。