サプリをおすすめしない理由


capsule-pill-health-medicine-min

健康サイトで、良く サプリを進めていますが、

サプリはあまり取らないほうが良いと思います。

 

まあ、薬自身も全然取らない自分ですが。。。

 

理由は

  • 安全性や、抽出制度が不安
  • ビタミン・ミネラルはそれほど大量に取る必要が無い。
  • 場合によっては、とりすぎの懸念や中毒の懸念がある。
  • 値段が高い。不必要である。
  • サプリを食べればバランスが取れた気になってしまう。
  • 食べ合わせなければ吸収できない栄養もある。

安全性や抽出制度の問題があります。

日常的に食べていれば、問題は発生しにくく、食中毒やアレルギーだけに気をつければよいですが

サプリの場合、製造工程と、生成物について深く理解する必要があります。

人工のサプリ栄養物では効果がないだけでなく、

毒の可能性もあると言われているものもあります。

それをいちいち調べられるでしょうか?

極端ですが、サプリオタクの中には、

日本のサプリを取らないといっている人もいますし。

上限値を理解する必要があります。

ミネラルは重金属ですので、食べ過ぎに注意が入ります。

水溶性ビタミン(ビタミンCなど)は食べ過ぎても排出しやすいですが、不足しがちでもあります。

食べ合わせ

例えば、鉄分として、野菜などの非ヘム鉄と、動物などのヘム鉄では吸収量に違いが合ったり、

カルシウムは牛乳のほうが吸収率がダントツであったり

ビタミンA/E/D/Kは、脂と取らないと吸収できないなど、色々あります。

お金が勿体無い

普通の食事でも、偏らないで取ることができますし、

節約にもなります。

 

いま日本で長寿な人はサプリを撮ってきたわけではなく、

戦後の貧困の中生きてきています。

 

必須ではないため、体に必須とかけたイメージ戦略や、

女性等の、美や健康にかけて恐怖心を煽ることもよくあります。

 

バランスととるためだけど、本当に取れているか?

あとは、サプリ食べているから健康ですという人。

食べないよりましな程度であって、バランスをある程度見なければ厳しいと思います。

(いろいろな食物をローテーションするなど)

 

カロリー以外の栄養素は量的に少しで十分

ビタミン・ミネラルは  mg , μg 単位で十分です。

1000mg で 1g 。 スプーン小さじで 6g 前後

鉄だと 7.5mg   , ビタミンCだと 100mgであるため、

カプセルほどの量が、必要ないのはわかります。

 

逆にサプリで毎日3カプセル必要ということは、大した量が入っていないことになります。

それよりは、複数の栄養素の取れる、野菜や果物のほうが新鮮で自然ですし、

副作用もそれほど発生しないため安全だと思います。

 

ビタミンK、ビオチンなどは、体で生成できる/不足することがまれなどの理由のため

特にとらなくても良いビタミンもあります。

 

まとめ

気軽に取れるのはメリットです。

気軽に取れるだけに、本当にいいもの天然で食べても問題ないものかどうかの判断が

質・量的に必要だと思います。

最初の数分間だけですが

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。