風邪を引いた時に、必ず布団をかぶるのは間違い


pexels-photo-bed_dogs_57627-min

よく汗を出せば、風邪が治るということを言われますが

時と場合に寄るんです。

大きくふたつのタイプ

熱風邪と寒風邪

体が熱い時と、寒気を感じる時があります。

対処方法

寒気を感じる時の対処は、体を温め、
できれば体を冷やさないような
暖かめのご飯などもりもり食べて対処します。

このときは、布団をガッツリかぶるのはあり。

 

熱風邪の時

すでに体が熱いので、
お腹を温める程度で十分
布団をまるごとかぶって汗を流すのは逆に危ない。

後は水分

長引きそうならば、適度にエネルギー源を補給することも忘れずに。

逆に、無駄に汗をかくと体力を余計に消費し、
治りが遅くなります。

両方共、大事なのは、頭が熱い時は
ちゃんと顔や頭を冷やすことです。

同じようなこと、医者の専門家も言っていました。

状況を見てこのように対処することで、スムーズに回復します。

私は毎回この方法で、たいてい1日出直し切ります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。