初心てさ


初心わするべからず。

これさ、忘れないようにしようって意味で
言う人は多いかもしれない。
けれど、

素直に受け取ると、忘れるものだという意味だよね。
その事実をベースに、そこから認識のスタートだ。

普段どうしていればよいかというと
初心という振り出しに戻って、
いつでも見返せるようにしておくのが
ポイントなんだよね。

ビジョンとか、信念とかあるじゃない?
集中するのもいいけど、

たまに、前提に戻って
あれ、どこいくんだっけ?
なにしてんだっけ?

って思い出すのも大事。

コンパスという方向を見失ってがむしゃらに進むのではなく
こういう方向だよねって、面倒でも確認しながら進む。

前提に基づくと
意外と問題がすっきりしたり
やらなくて良いことが見えてきたりする。

仕事でも、目的を最初にすりあわせたほうが
いいものができる。

できたものから積み上げていくと、
終わらない時は、全く終わらない。
プロマネでも結構経験してきた。

失敗が失敗のまま終わるのではなく、
失敗の先に成功があるのは、
最初の目的があるからなんだ。
そう思っている。

目的ドリブンが大事だよ。

syoshin-min

22 views.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。