試してわかったすごく簡単にできる速読のコツ・効果がない方法


魔法のような 速読のコツ

ぜひ手に入れたいですよね。

時間を浮かせていろんなことをしたり

ガンガン勉強して頭良くなる夢を見たり。

でも、まあなかなかうまく行きません。

今回、何年も試してうまく行ったこと
効果が少なかったことを紹介します。

うまくいったこと

そんなことと思うかもしれませんが
実は姿勢を正して、視線に対して中心におきかつ直角に本を立て
なるべく真正面で読むことです。

普通に3割から5割 ほど文字通り一瞬でスピード上がります。
読みやすさが半端ないです。
まるで目線が引っ張られるぐらい

斜めに見ることがいかに効率が悪く
時間を無駄にしたことがわかります。

これに気づいて以降
電車でも、恥ずかしながら
真正面で読みたい衝動に駆られまくりです。

あとは、早く読もうとすること
結構気力を使いますが
ゲーム感覚で、降りるまでに3頁読む!
とか 次の駅までに 頁めくるとかすると早く読めます。
(欠点は、たまに頭に入ってないことがある。。。)

あとは慣れです。やはり言葉の意味がわかってきたり
得意な分野になるとドンドン早くなってきたり
先が読めたりします。

初めての本でも、だいだいこういうことが書いて有りそうだとか
わかってくるので、読まずに飛ばせるぐらいに成ります。
(同じような内容を読み過ぎなのかもしれませんが、、、)

脳科学的には、パターン認識のストックが増えたり
パターン認識のスピードが増えている状態です。

専門家ほど動きや段取りが早いようなものです。

大量の本を読むこと、
限界ぎりぎり+アルファのスピードで読むことが
結局近道な気がしました。

うまくいかなかったこと

漢字だけで読む

別に、ひらがなやカタカナを読んでいいと思いますし
ジャンルによります。
漢字だけよんでも、雑になるだけです。

目の運動をする

目の動きがボトルネックにならない程度で十分だと思います。

声や音声化をしないで読む

音声化はしないまでも、
音にしないで読むということはできませんでした。
よく意味がわからないし

音声化できないくらいで読むのは分からないでもないですが
うまくいっているのか不明ですし
相当練習しても、成長しませんでした。

脳トレ

好きだし、得意ですが
効果の程は不明です。

気分転換ぐらいで良い気がしますね。

39 views.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。