日本が減反政策したら効率が上がったわけ・日本の癖


当時の戦後の食糧難の状況

戦後 食糧難に対して
国民の要望があり、
農業が急激に立ち上がり
米も、いろいろな人の努力によって開墾され
増産できた。

大開拓は、
秋田の八郎潟が有名。

そんな状況の中で、
逆に米が余るようになった。

農協による買い取りや
食の安全化などを受けて
政府は、一身に担っていた。

田中角栄など、自民党が力を得たのは
土地(住宅不足)や農業(食糧難)の対応により
時の流れに乗れたのも事実。

米あまりに対する対応

減反政策と補助金という方法で、
生産面積を減らした。

ここで何が起こったかというと、
生産効率が上がりすぎて、
補助金の割に、生産量が減らなかった。

なぜだかわかりますか?
そこに人の心理や
日本人の癖が良くも悪くも詰まっています。

そこで起きた、日本の根幹に流れるもの

面積地を減らす時は、
実は日当たりの悪いところや、狭いところ
形の悪いところや機械ができないところが多かったのです。

そういうところを減反政策の指定範囲にしたため
逆に、生産効率が上がったのです。

もちろん役所の人も気づいていた人は多いでしょう。
生産効率がとても悪いところに対して
現場の人は、心を加えたような形になりました。

政府は当時お米を全買い取りすることが
法律により指示されていたため、
もちろん効率よく生産できたお米を
予想より増えた分も購入しました。

日本全体としては、税金を質の悪いところに
かけたことになります。

つまり身近な人に対し助け、
国民からの代行依頼を、マクロ的には間違ったやり方
権力を自分の物として情けや恩を加えたのです。

日本の感情論では、そんなに悪くないと思うかもしれませんが
今の日本もそういう積み重ねで、行政やその権力が大きくなり
私物化されているようにみえるのです。
税金が無駄に使われているように見えるのです。

ここに矛盾があります。

歴史から学ぶのであれば、
日本の局所的な感情論だけでなく、
マクロな政策の意味を考えて軌道修正する
そういうことが個々の行政や国民に求められます。

この2面性を同時に見て、
主体性を国民が持ち、
全体感を養わなければ、
これからも、行政の権力が無駄に増え
税金がやや無駄なところに
使われ続けることは避けられません。

これに対応するのであれば

私個人の意見としては、
マクロ的な方針の意識合わせをし
細かい部分でずれがあったら
国民全体でいい意味で共有し
微修正できたら良いと思います。

今そうならないわけと対応の仕方

実行するにはネックがまだある

ただ行政は執行については
ナイーブに実施しなければいけないので
ぎりぎりのところまで表に出てこないかもしれません。

またあまり細かいことを
国民全体で共有すべきかどうかという
判断も難しいところはあります。

それらはやりながら、
微修正していくしかないでしょう、
あまり罪として罰を与えることを考えるのではなく、
間違いにもう少し寛容的になる
そういうセンスが国民に得られれば
日本の進歩や改良は早く進むと思います。

まとめ

日本を良くするこの案に対して、
今日本の人に求めたいことは
まずこういう状況に気づき、
間違いに対して慣用的になること
日本全体を見て主体的に動き考えることを
もう少し、長い目で見て支援してほしいなと思います。

こういう見方を共有できていなだけで
そんなに難しくできないとは思っていません。

日本の各地にいるポイントポイントの人財は
優秀な人もたくさんいるので、
すぐできる可能性は十分あるかなと思っています。

100 views.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。